文字サイズ
標準
大きく

「健康に良い」ものなら、何を食べてもいいの?

   「健康に良い」として、毎日の食事に健康食品を取り入れている人も多いのでは。しかし、自分の体調や、体質に合ったものを食べなければ、逆効果になる場合もある。

「健康食品」は万人にいいわけではない

   食物繊維を豊富に含んでいるため、便秘解消に良いとされる玄米。白米に比べ、ミネラルやポリフェノール、ビタミン、食物繊維を豊富に含んでいる。

食品のメリットとデメリットを自分できちんと把握して
食品のメリットとデメリットをきちんと把握して

   玄米に含まれる食物繊維は不溶性食物繊維で、腸で水分を吸収してふくらみ、腸を刺激して排便をスムーズにする特徴を持っている。

   しかし、すでに便秘になっている人や、高齢者の腸内は水分不足になっている。その状態で多量に摂取してしまうと、ただでさえ水分が不足している腸内の水分を食物繊維が吸収してしまうことで、便が硬くなり、便秘が悪化すると考えられている。

   また、玄米には、体内の有害物質を排出し、抗酸化作用やがんの抑制効果も期待されている「フィチン酸」という成分が含まれている。だがこのフィチン酸は、鉄分や亜鉛、銅など、特に女性に必要とされるミネラルまで一緒に排出してしまうので、妊婦、授乳中の人、骨粗しょう症の人などは注意が必要だ。

   また、今人気のスムージーは、糖質の多い果物・野菜で作ると、糖質過多になる恐れがあり、市販品の中には砂糖がたっぷり使われているものもある。

   スムージーやジュースのような流動食ばかりを続けると消化器官が衰えるとともに、噛んで食べる機会が減るため、歯の健康にも影響する。

   生野菜・果物は、手作りだと雑菌が混入しやすい。通常の食事であれば、口で咀嚼するときの唾液や胃酸で雑菌を殺したり刺激成分を分解するが、スムージーは液状のため、胃から小腸へ消化されずに移動し、殺菌や分解のプロセスを飛ばしてしまうため、胃腸の弱い人や体調が悪い人はお腹を下す場合もある。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット