文字サイズ
標準
大きく

『ワクチンは怖くない』岩田健太郎/著(光文社新書)

『ワクチンは怖くない』
『ワクチンは怖くない』

   予防接種で使われるワクチン。インフルエンザ予防などで身近な存在だ。

   エドワード・ジェンナーが天然痘ワクチンを発明してから200年余り。今では様々な病気の予防で使われている。

   とはいえ、ワクチン・予防接種は医療の一手段にすぎず、適切な対象に適切な目的で用いれば役に立つが、そうでなければ有害ですらある。

   筆者は神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。感染症とワクチンの専門家だ。ワクチンの現在と未来を論じ、利益とリスクをきちんと見据えれば、ワクチンは怖いものではないと説く。

   「あなたにとって」あるべきワクチンの使い方を考えさせられる一冊だ。

目次

第1章 ●子宮頸がんワクチンとメディア――ワクチンの現在
第2章 ●感染症と戦う――ワクチン・免疫とは何か
第3章 ●「あなたの健康」を目指せ!――ワクチンの未来と理念

医師・専門家が監修「Aging Style」

4334039650ワクチンは怖くない (光文社新書)
岩田 健太郎
光文社 2017-01-17

by G-Tools
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット