文字サイズ
標準
大きく

タバコは「フィルター付き」の方が危険 「フィルターなし」より肺がんリスク高い

   健康に悪いタバコを吸う愛煙家にとって、唯一の慰めは紙巻タバコのフィルターでニコチンタールを出来るだけ少なくしていることだろう。

   ところが、その「フィルター付き」が「フィルターなし」のタバコより肺がん、特に肺腺がんのリスクを高めている可能性があるという衝撃の研究が米国立がん研究所機関誌「Journal of National Cancer Institute」(JNCI・電子版)の2017年5月22日号に発表された。なぜ、危険を少なくてしているはずのフィルターが裏目に出るのだろうか。

体を守るはずのフィルターがアブナイ
体を守るはずのフィルターがアブナイ

安全なはずのフィルターが悪さをする理由は?

   肺腺がんは肺がんの約6割を占め、日本人では肺がんの中で一番発症率が高い。肺の奥の方にある、気管支の細い末梢部分に発症することが多いのが特徴だ。タバコの煙が届きにくい肺の末梢細胞に発症し、喫煙率が低い女性の方が男性より発症頻度が高いことなどから、これまでは喫煙との因果関係が比較的薄いと考えられてきた。

   肺の中心の太い気管支部分などに発生する他の肺がんに比べ、初期段階では咳や胸の痛みがほとんどないため、自覚症状を感じることが難しい。定期的ながん検診や健康診断で偶然見つかるケースが多い。2017年5月に歌舞伎俳優の中村獅童さんが、検診で早期がんを発見して話題になった。

   さて、「JNCI」誌のプレスリリースによると、研究をまとめたのは米オハイオ州立大学総合がんセンターのピーター・シールズ教授らのチームだ。米国のタバコ業界では50年以上前からフィルター付きの紙巻タバコが販売され、現在はフィルターなしの両切りタバコは少ない。「ライト」「ウルトラライト」などと呼ばれる、ニコチンが少なく、フィルターを長めにした「軽い」タイプが多い。そして、ほとんどのタバコのフィルターの根元の円周上には小さな穴(空気口)がたくさん開けられており、喫煙者はこの穴から新鮮な空気を取り込んで、煙と一緒に吸い込んでいる。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット