文字サイズ
標準
大きく

新しいことを試そう!

   知らぬうちに僕もずいぶん僕も退嬰的なってしまったと、今日丸善で見つけたこの本が気付かせてくれた。<題して「ニュー・エイジング」。挿絵を含め、洒落たデザインである。

   人生の後半期はそれまでの前半期にもまして貴重な時期であると著者は言う。アンチエイジングの世界ではよく聞くセリフであるが、これまでは何を無理して、と僕は斜に構えてきた。

   だが、なぜかこの著者がいうと素直に入る。要は「気持ちの切り替え」だが、日常生活の中での「コツ」あたらがちりばめられている。

   その一つは「新しいことを試すこと」。たしかにこの頃は、慣れたことしかしなくなったし、知ったとこしか行かないし、新しい人間関係を作るのも億劫に感じる。ここでもこの本では「チャレンジ」などという肩肘張った言葉は出てこない。

   例えば食べ物でも、ちょっと新しいメニューを試しませんか?なんならあの評判なレストランでも覗いてみたら・・・といった調子。食物だけではない。新しい趣味、新しい文化、そして喪った友を嘆くだけでなく、新しい友を造る。

   聞いただけで元気が出てきますね。

   配偶者も新しくすれば最高のアンチエイジング・・・とは言ってないのがいささか片手落ちですが・・・おい、おい、テメェ、そんなこと言っていいのか、ダイアモンド婚を半月先に控えて。

as_20170624120442.jpg

[アンチエイジングブログ! 2017年6月22日より]

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 ウィメンズヘルスクリニック東京 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット