文字サイズ
標準
大きく

非小細胞肺がん治療における免疫チェックポイント阻害薬の現状と今後 ~第1回 PD-1抗体とPD-L1抗体の違い~

as_20170510162858.jpg

   オンコロでは、がん治療に関する様々なトピックスについて、全国のオピニオンリーダーにインタビューを実施し、対談形式にて皆さんにお届けしております。

   今回は、国立がん研究センター中央病院の副院長兼呼吸器内科長の大江 裕一郎先生に「非小細胞肺がん治療における免疫チェックポイント阻害薬の現状と今後」について、お話を伺いました。大江先生は、日本臨床腫瘍学会理事長でもあります。

   なお、今回はテーマを「①PD-1抗体とPD-L1抗体の違い」「②EGFR遺伝子変異陽性患者における免疫チェックポイント阻害薬治療」「③PD-1抗体とCTLA-4抗体の複合療法」という、あまり一般の方に知られていない話題についてお伺いしました。第1回のテーマは「PD-1抗体とPD-L1抗体の違い」についてです。

PD-1抗体とPD-L1抗体の違いは?

オンコロ可知(以下可知):2015年末にニボルマブ(オプジーボ)が「非小細胞肺がん」に適応追加されて以来、2016年はオプジーボが色々な意味で賑わせたと思います。更にペムブロリズマブ(キイトルーダ)が12月に承認されました。特にキイトルーダはPD-L1高発現患者限定となりますが、初回治療から使用できるようになります。

   免疫チェックポイント阻害薬としては、この2つのPD-1抗体について様々な話題が尽きないだろうと思いますが、今回はオンコロらしく、PD-L1抗体についてお聞きしようと思います。まず、PD-1抗体とPD-L1抗体は何が異なるのでしょうか?

大江先生:PD-1抗体は免疫細胞の一種であるT細胞上のPD-1に結合して免疫チェックポイントを抑制します。一方、PD-L1抗体は腫瘍細胞上や免疫細胞の一種である抗原提示細胞上のPD-L1に結合して免疫チェックポイントを抑制します。

   PD-1はPD-L1およびPD-L2に結合することがわかっています。一方、PD-L1は、PD-1やB7-1に結合するため、若干、阻害する結合が異なることになります。たとえば、PD-1抗体はPD-1/PD-L1も、PD-1/PD-L2の結合も阻害することはできますが、PD-L1抗体はPD-1/PD-L1の結合を阻害しますが、PD-1/PD-L2の阻害せず、そのかわりB7-1/PD-L1の結合を阻害することができます。

   この差が、臨床的にも影響される可能性があります。以前は、PD-L2との結合も阻害するPD-1抗体の方が高い効果を発揮する可能性が示唆されていましたが、実際の臨床試験結果ではそうでもないことがわかってきました。また、副作用についても、ほとんど変わりがなさそうです。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット