文字サイズ
標準
大きく

粗食は本当に健康食? 男性ホルモンアップの方法は? 日本抗加齢医学会2017レポート(3)

   いくつになっても生涯現役で元気に美しく、人生を楽しむにはどうすればいいか―。2017年6月4日に東京国際フォーラムで日本抗加齢医学会総会の市民講座「家庭画報ビューティウェルネス講座」(共催:家庭画報、日本抗加齢協会)が開かれ、いま話題のゆるやかな糖質制限食と男性の更年期について医師らが講演した。

「粗食=健康食」ではない

   最初に北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟氏が、ゆるやかな糖質制限食「ロカボ」について紹介した。ロカボとは、1食にとる糖質を20~40グラムまでにし、これに10グラムまでのおやつを入れて、1日の糖質摂取量を130グラムまでに抑える食事法のこと。糖質は甘いお菓子だけでなく、白米やパン、麺類などの炭水化物やサツマイモ、カボチャ、トウモロコシなどの野菜にも含まれる。

as_20170627152205.jpg
北里大学北里研究所病院糖尿病センター長 山田悟氏

   元気で美しくいるために、なぜゆるやかな糖質制限が必要なのか。例えば、顔に刻まれるシワは見た目を老けさせる要因のひとつだが、シワの深さと糖には関わりがあるという。

   「糖質をたくさん摂って血糖値が高い状態が続くと、肌のハリや弾力を保つコラーゲンのしなやかさが失われるとともに分断されてシワが深くなります」(山田氏)

   また、研究では糖質の摂取量が多く、食後の血糖値が急上昇する人ほど認知機能が低い傾向にあるという結果も出ている。ロカボ食で食後の高血糖を抑えることは、将来の健康のためにも大切なのだ。

   「もともと日本人は1食に90~100グラムの糖質を摂ってきました。『粗食こそが健康食』という昔からの言い伝えは違っているということがこの10年間でわかってきたのです。白米なら1食半膳くらいが目安になります。その代わり、肉や魚、大豆製品、糖質の多くない野菜類をお腹いっぱい食べられます」(山田氏)

   山田氏は家族でロカボ食を始めたところ、太り気味だった自分は体重が減る一方で、痩せ気味だった妻は体重が増えたという。「ロカボ食は、ダイエット目的だけではなく、その人に合った健康的な体重へと導いてくれるものだと思います」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット