文字サイズ
標準
大きく

友人をつくろう

as_20170627161230.jpg

   老いの悲しみの一つは「友の喪失」だが、「ニューエイジング」に教えられたのは、ただ悲しみに浸るだけでなく、新たな友達を造ろうという考えである。

   なにか亡き友を裏切る感がないでもないが、「絶えず新しく!」をモットーとすれば必要な心構えかもしれない。

   人それぞれ固有の価値観、大げさに言えば世界を持っている。

   新たな友を持つことは、新たな世界を共有することになる。具体的にはボランティア活動でも良い、町内会でもよい、またロータリーといったクラブでも良い。

   仲間作りはそれ自体が手段より目的ともなりうるのではなかろうか。

   『今日の新しさ』
筋トレのすべての科目で負荷を5キロずつ増加した。

[アンチエイジングブログ! 2017年6月26日より]

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 ウィメンズヘルスクリニック東京 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット