文字サイズ
標準
大きく

小児がん家族を襲う「夫婦の危機」 ――うまく乗り越えていくための処方箋とは?

as_20170510163816.jpg

   子どもががんになると、妻(母親)と夫(父親)は自分ができることを引き受け、子どもの治療に立ち向かっていきます。しかし、治療が長期化すればするほど、夫婦関係にもさまざまなすれ違いが生じ、それがお互いに大きなストレスにつながっていることも少なくありません。どこにもいえない悩みだからこそ、どのように対処すればよいのか困っている人も多いはずです。そこで、長年カップルセラピーに取り組み、家族心理学にも詳しい東京HARTクリニック臨床心理士の平山史朗さんに"夫婦の危機"をうまく乗り越えていくためのアドバイスをいただきました。

治療が長期化すればするほど、夫婦の危機は高まる

   子どもががんになると、家族の生活も一変します。多くの場合、妻(母親)が病気の子どもに四六時中付き添い、看護を一身に背負います。そのため、共稼ぎの家庭では妻が仕事を休職したり辞めたりしなければならなくなり、それだけで年収が激減します。加えて病院に連日通ったり泊まり込んだりする生活が続くため、目に見えない出費もかさんでいきます。

   子どもの病気や治療のことが気になっても家計の負担を減らすべく仕事に専念せざるを得ない状況に夫(父親)が追い込まれる中、「子どもの治療のことはすべて私にまかせきりで、夫は病院に来ることもないし、仕事に逃げている――」と孤立感を深める妻も少なくありません。治療が長期化すればするほど、こうした夫婦の危機は高まります。

   「両親はどちらも子どものために自分ができることを引き受けて懸命に立ち向かっています。しかし、自分とは違う行動や感じ方をされてしまうと、相手のことが理解できず戸惑ってしまいます」と、家族心理学に詳しい臨床心理士の平山史朗さんは病気の子どもを持つ夫婦の関係について説明します。

   たとえば、病院で孤軍奮闘している妻は夫が自分をもっと助けてくれることを期待しているので、夫にそのような行動がみられないと失望し、それが激しい怒りにつながり、「あなたは何もしてくれない」と夫を責めてしまうといいます。しかし、夫にしてみれば「一家の大黒柱である自分が妻の傍で悲しんでいるわけにはいかない。しっかりしなければ......」と折れそうになる気持ちを奮い立たせて現実に立ち向かっていることも多く、家族のために頑張っていることを認めてもらえないと深く傷つき、どう対応してよいのかわからなくなるのだそうです。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット