文字サイズ
標準
大きく

青と紫、異なる2つの光が人体に与える影響とは 日本抗加齢医学会総会2017レポート(4)

目から考えるアンチエイジング
目から考えるアンチエイジング

   2017年6月2日から4日にかけて、17回目となる日本抗加齢医学会総会が開催された。

   今期で同学会理事長の任期を終える慶應義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授は、3日の理事長提言に登壇し、自身の専門領域を踏まえ、目から考えるアンチエイジングとして光が生体に与える影響を語った。

疾患の発症リスクにも影響するブルーライト

   「光環境とアンチエイジング医学」と題した提言の中でまず坪田教授が指摘したのは、運動や食べ物と並びQOLに大きな影響を与える要素が「光」であるという点だ。その例として挙げられたのは、「ブルーライト」と「バイオレットライト」という異なる波長の2つの光だった。

   ブルーライトとは波長が380~400ナノメートルの光で、紫外線にもっとも近く、目の網膜まで到達するほどの強いエネルギーを持っている。坪田教授はブルーライトが単に目に負担をかけドライアイなどを招く有害な光ではなく、サーカディアンリズム(体内時計)を決めるために不可欠な光であり、「昼間にブルーライトがなければ昼だと認識できなくなってしまう」という。しかし、このことが現代では問題になる。

「夜を明るくする白い光もブルーライトから生み出されています。夜にブルーライトを受けるとサーカディアンリズムが崩れ、うつや高血圧、肥満、糖尿病、がんの発症リスクが高まることもわかっているのです」

   マウスを対象とした実験では、摂取カロリーは同じにかかわらず、夜にブルーライトを受けたマウスと受けていないマウスを比較すると、前者が肥満になることも確認しているという。

「現代社会は肥満率が高いと言われますが、カロリー摂取量はそれほど上がっていません。世の中がどんどん明るくなり、ブルーライトを受ける機会が増えていることと何らかの関係があるのではないかと考えています」

   もちろん、夜のブルーライトは不眠にもつながる。典型的な例は、夜にベッドの中で見るスマートフォンだ。画面を近づけるほどブルーライトの影響が強くなり、脳が覚醒し眠気が薄れてしまう。眠気が薄れればさらにスマホを見てしまい、脳は覚醒し......という悪循環に陥る。夜ブルーライトを受けると記憶力が低下するという研究結果も発表されているようだ。

   では、夜のブルーライトを遮断するとどうなるのだろうか。坪田教授らの臨床試験によるとブルーライトを100~95%遮断するレンズを使用したメガネを夜かけることで、HDL(善玉)コレステロール値が上昇しLDL(悪玉)コレステロール値が低下したほか、血糖値が低下することが確認されている。坪田教授は、光環境からアプローチする糖尿病治療も実現するのではないかと期待感を表した。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット