文字サイズ
標準
大きく

家の中の数億匹のダニはここにいる! 専門家が監修、ハザードマップ公開

   家電掃除機メーカーのエレクトロラックスは2017年6月19日、梅雨から夏にかけて激増するダニ対策の啓発のため、家のエリア別にダニの棲みかや可視化したダニのハザードマップを公開した。

   「エレクトロラックス ダニ対策ラボ」(http://danilabo.jp)がそれで、ダニアレルゲンの専門家であるNPO法人東京アレルギー・呼吸器疾患研究所の白井秀治氏の監修を受けている。

ダニのハザードマップ(エレクトロラックス社の発表資料より)
ダニのハザードマップ(エレクトロラックス社の発表資料より)

「毛布はエサが豊富」「カーテンは糞が付着」

   同社の発表資料によると、ダニは、家の中に数百万~数億匹いると推定され、30年前と比べ、ダニの数が約3倍に増えたといわれる。背景には、鉄筋コンクリートや新素材の使用により、家の中の気密性や保温性が高まり、ダニが繁殖しやすい環境となったためだ。

   ハザードマップでは、チリダニのアレルゲンが多く検出される場所を「赤」、チリダニの棲みかになる、あるいはダニアレルゲンが検出されやすい場所を「黄」、ダニの繁殖場所にはなりにくい場所を「緑」で表示。「毛布は布団同様にエサが豊富でダニが増えやすい」「カーテンはダニの糞が飛んで付着しやすい」などとエリアごとに注意点を呼びかけている。また、白井氏が調査したエリアごとのアレルゲン量のグラフも表示した。

   そして「ダニ対策の3か条」として次の3つを強調している。

(1)ダニを増やさない環境にする:ダニは爆発的な増殖力を持っているので、ダニが増えにくい温度や湿度に環境を整え、棲みかをなくす。
(2)死骸や糞をしっかり除去:ダニを殺しただけでは死骸や糞が残り、アレルゲンとなるので、掃除機で吸引する。
(3)部屋中を効率的に掃除:日常生活でダニの死骸や糞を含むハウスダストはあちこちに飛散する。効率的に部屋中を掃除し、ダニやホコリを除去する。

[J-CASTヘルスケア 2017年6月21日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット