文字サイズ
標準
大きく

胃がん体験者 吉川 佑人さん

as_20170524131913.jpg

はじめに

   みなさん、初めまして。今回オンコロさんに体験談を掲載させていただくことになりました吉川 佑人と申します。僕は現在29歳の会社員です。がんの経験をしたのは、23歳の時でした。がん種は「胃がん」で、ステージはⅡ。治療は胃の全摘出及び脾臓、胆のう、食道の下部を摘出し、手術後は再発予防としてTS-1という抗がん剤を約1年間服用しました。

   胃の全摘出ということもあって一切何も食べられない時期を経験しました。また、罹患当時は新卒社会人3ヶ月目というまだまだ余裕のない時期でしたので、自主的に退職をしてしまいました。そのため「がん患者」として、また胃がないという「見えない障害を持った若者」としての再就職活動も経験しました。

   しかし現在、手術から5年以上経過しがんは完治。正社員として再就職し、何とか自立することもできました。摘出した臓器はもちろん戻ってきませんが、リハビリにより食事量も戻りましたし、体力は病気になる前よりもむしろ付いた程で、問題なく働いたり遊んだりすることができています。

   当然ながらつらくて苦しい経験であったため、最近まではこの経験を人前で語ることは少なく、むしろできるだけ人に知られないように生きてきました。しかし今回掲載を決意したのは、先程述べた通り今は通常の生活を取り戻すことができていることと、自分の経験を社会に還元したいという気持ちが強まってきたためです。現在闘病している患者さんの何かのきっかけになってもらえることはもちろんですが、がんをまだ経験していない一般の方にも何かを感じて貰い、共に良い社会を造っていく小さなきっかけになればいいなと思っています。

   そして僕の治療を支えてくれた全ての医療従事者のみなさんにも心からの感謝を込めて、この体験談を記載したいと思っています。退院当時は痛みにより挨拶ができないままでした。どこかでこの記事を読んで貰い、「彼を治して良かった」と思ってもらえたらこれ程嬉しいことはありません。

   前置きが非常に長くなってしまいました。早速僕のがんが見つかった経緯から説明させていただきます。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット