文字サイズ
標準
大きく

「バスト大きくしたい」女性につけこむ 「豊胸サプリ」でトラブル増加

   「プエラリア・ミリフィカ」というマメ科の植物がある。タイやミャンマーに分布し、日本ではサプリメントでその名を知る人もいるだろう。

   特に「バストアップ」をうたった健康食品に使われているが、摂取により効果が出るどころか体調を崩したとのトラブルが近年増加している。国民生活センターは2017年7月13日、注意喚起を出した。

スタイル抜群になりたい...(写真はイメージ)
スタイル抜群になりたい...(写真はイメージ)

「豊胸によい」有効性の十分な情報はない

   プエラリア・ミリフィカを含む健康食品について国民生活センターに寄せられた被害情報は、2015年に97件と前年の13件から急増。16年も94件と「高止まり」したままだ。服用・摂取により腹痛や下痢、じんましんといった消化器や皮膚の障害が多い。

   そもそも、どんな健康食品なのか。プエラリア・ミリフィカ入りのサプリは、インターネット通販で簡単に購入できる。「女性らしく美しいラインを保ちたい」、「いつまでもきれいでいたい」といったアピール内容とともに、「バストアップ」という言葉が並ぶ。物販サイトのなかには、「バストアップサプリ」とはっきり銘打ってプエラリア・ミリフィカを勧めているものもあった。価格は数百円から2万円を超えるものまで幅広い。

   ところが、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の「健康食品」の安全性・有効性情報にはこう書かれている。

「プエラリア・ミリフィカの塊根は若返りの民間薬として知られており、サプリメントや化粧品などに利用されている。俗に、『豊胸によい』『肌によい』「若返りによい』『強壮によい』『不妊によい』『更年期によい』『骨粗鬆症や高脂血症によい』などと言われているが、ヒトにおける有効性については、十分な情報は見当たらない」

   一方でプエラリア・ミリフィカには、デオキシミロエストロールやミロエストロールといった成分が含まれ、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と同じ働きをする。医薬基盤・健康・栄養研究所によると、デオキシミロエストロールやミロエストロールが多量に含まれる製品の利用で、「重篤な有害事象を受ける可能性を示唆している」という。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット