文字サイズ
標準
大きく

BB系日焼け止めの発色、こんなに違うから

   「BB」とか「CC」の表示がある日焼け止めは、ファンデーション効果とか美肌効果を備えているので便利ですね。愛用している方が増えているので、"BB系日焼け止め"も増えてます。

   とはいえ、とはいえ!

   メーカーやブランドによって、色も濃さも本当にいろいろ。
ほとんど色がつかないタイプから、カバータイプのファンデーションくらい濃いめのものまで。

   なので、実際肌につけて試してはみますが、撮影する製品を選んだり、原稿を書く際には製品ごとの違いを細かく知るため、同じくらいの量を紙につけて比較します。

       ↓

as_20170816190647.jpg

   6種類だけですが、かなり違いますよね。

   上から

・SK-Ⅱ カバー力高め。UVケアから肌の色ムラカバーまやでできてしまう。
・ランコム このトーンが独特。ちょっと日焼けしたような色み。
・SHISEIDO のBBフォースポーツ 若干赤みを含んだテラコッタ系。
・クレ・ド・ポー ほのかにピンク系のオークル。日焼けしたくない人のための色。自然なメイク効果。
・サンローラン 透明感のある薄づき。クールなベージュ系。
・カネボウ トワニー 色をつけるというより、質感で美肌にみせてくれます。

   この夏、2本めの買い替えとか、違うタイプを探している方、ご参考に。

[美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ 2017年8月14日より転載]

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット