文字サイズ
標準
大きく

「見た目」をよくする基本は健康長寿、そしてアンチエイジング治療 日本美容皮膚科学会2017レポート(2)

写真はイメージ
写真はイメージ

   見た目を若々しく保つことは価値あること。心の持ち方でも加齢を防げます――。2017年 7月30日、大阪市で開かれた日本美容皮膚科学会のシンポジウムで、山田秀和・近畿大奈良病院教授 (皮膚科) が「見た目のアンチエイジングとは」と題して自身の考えを披露した。山田教授は同大アンチエイジングセンター副センター長で、学会会頭でもあり、これが事実上の会頭講演だった。

「見た目」も人間の資産になる

   山田教授は英国の社会学者C・ハキム博士の「見た目は第4の資産」説を紹介した。財産など経済資産、学歴や資格などの個人資産、人脈などの社会資産、に次ぎ、美しさや魅力の「見た目」を第4資産とする。

   欧米人は8月までは焼いた肌、9月からは元の白い肌と、魅力ある外見のため常に努力している。見た目は皮膚、容貌、体形で作られる。シワ、シミ、たるみ、皮膚感、美白、髪、骨、皮下脂肪などだ。基本である健康長寿には運動、食事、それに環境、精神が重要だ。大気、水、日光、化学物質などの環境も老化を遅らせる。さらには精神や心。明るく生活し、「ご機嫌でアンチエイジングをめざそう」と訴えた。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット