文字サイズ
標準
大きく

「全身の永久脱毛はできない」 レーザー脱毛の専門医が語った正しい脱毛の知識 日本美容皮膚科学会2017レポート(1)

第35回日本美容皮膚科学会総会・学術大会
第35回日本美容皮膚科学会総会・学術大会

   2017年7月29日~30日に、大阪で第35回日本美容皮膚科学会総会・学術大会が開催された。

   最新の美容皮膚科学に関する知見が発表されるなか、「レーザー脱毛」「永久脱毛」という広く知られているようにも思われる施術を取り上げたのは、レーザー指導専門医の乃木田俊辰医師(新宿南口皮膚科院長)だ。

レーザーで幹細胞を熱破壊している

   レーザー脱毛は一般的になったイメージもある施術のひとつだ。長期的な効果が期待できるため、「永久脱毛」と呼ばれることもある。

   しかし、乃木田医師はそもそも医学的には「永久に(施術を受けた人が死ぬまで)毛が抜け続けること」を証明するのは不可能だと指摘する。

「1995年に初めてレーザー脱毛を確認したハーバード大学のロックス・アンダーソン教授は、『永久減毛』という言葉を提唱しています。永久脱毛という言葉は非常にポピュラーになりましたが、少なくとも医師は永久脱毛とは正しくは永久減毛であると正確に理解していなければいけません」

   永久減毛の定義は「一定の脱毛治療を行った後に、毛の本数が著明に減少した状態が体の各所の毛周期より長期間に渡って維持されていること」とされている。この「長期間の減毛」というのは、治療が終了しても6、9、12か月間経っても安定して減毛した状態を保っていること。それを実現するために重要なのが、レーザーの当たる部位だ。

   脱毛に用いられるレーザーは1980年代に確立された「選択的光加熱分解理論」という理論に基づき、メラニンなどの色素に反応し無色には反応しない性質を持っている。この性質のおかげで表皮を火傷させることなく、メラニン色素のある毛を産生する組織だけを破壊することができる。

   乃木田医師によると、毛を産生する幹細胞が存在する「バルジ」「皮脂腺開口部」「毛乳頭」の3か所にレーザーを照射して熱破壊することで、初めて長期の脱毛が可能になるという。

「注意が必要なのは、レーザー脱毛が永久脱毛を意味しないという点です。エステのレーザー脱毛は不完全な幹細胞の破壊しかできないようになっており、一時的な減毛は可能ですが、長期間の効果は期待できません。永久減毛が可能なのは医療脱毛だけです」

   幹細胞の完全な破壊は医療行為となり、エステサロンで提供すれば違法となる。そのためエステサロンでは不完全な破壊、つまり一時的な減毛しかできないのだ。

   医療脱毛で使用されるレーザーは、1999年に米ライトシェア社が米食品医薬品局(FDA)に「Permanent hair reduction(PHR)」、つまり永久減毛できる機器として認定を受け、2000年にはシネロン・キャンデラ社の「GentleLASE」も認定を受けていたが、日本ではレーザー脱毛装置は長く未承認の状態となっていた。しかし、2016年12月にはGentleLASEの後継機である「GentleLASE Pro」が、レーザーの選択的熱作用による長期的な減毛」という使用目的で医薬品医療機器総合機構から「医療機器製造販売承認」を取得している。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット