文字サイズ
標準
大きく

ビタミンD、コラーゲン、ホルモン療法... 美容効果の研究は進んでいる  日本美容皮膚科学会2017レポート(3)

写真はイメージ
写真はイメージ

   大阪市で開かれた日本美容皮膚科学会では、他分野の専門家からの最新情報も報告された。2017年 7月30日のシンポジウムでは食品やホルモンも美容に大きく関係することが明らかになった。

ビタミンDに予想外の効果

   大阪大大学院医学研究科の森下竜一教授 (臨床遺伝子治療学) は機能性表示食品を紹介した。企業の責任で届け、有効性を表示できる制度が2015年 4月にできてから約100 成分約1000食品が市販された。肌の水分保持に役立つヒアルロン酸など美容関係でも登場している。医療機関でこうした食品を売ることもできる。

   東京慈恵医大分子疫学研究部の浦島充佳教授 (疫学) はビタミンDに予想外の効果が見つかっていることを報告した。比較試験でビタミンDサプリメント投与群のインフルエンザAの発症率は10.8%に対し、プラセボ(有効成分の入っていない偽薬)投与群は18.6%だった。さらにはぜんそく、急性気道感染症などの予防効果も見られた。浦島教授はそのほか多くの病気にもビタミンDが有効と考えている。

   京都大大学院農学研究科の佐藤健司教授 (応用生物科学) は生体たんぱく質コラーゲンを小さくしたコラーゲンペプチドの効果に言及した。サプリもあり、 3分の1 はそのまま吸収される。50代超の女性では皮膚の弾力が増加、45歳から50歳女性でシワが減ったとのデータが出ており、床ずれ改善効果もある。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット