文字サイズ
標準
大きく

増加する美容医療トラブル、医師の技術力向上やホームページ規制改善を訴える 日本美容皮膚科学会2017レポート(4)

as_20170823120931.jpg
美容医療トラブルは絶えない(画像はイメージ)

   シミやシワなどの内科的な美容医療を対象とする日本美容皮膚科学会(会頭=山田秀和・近畿大奈良病院教授)が2017年 7月29、30日、大阪市で開かれ、皮膚科医ら1350人が参加した。29日午前の最初のシンポジウム「美容医療の諸問題」では、患者のために何をなすべきかが大きな焦点になった。

未承認の薬や材料が安易に使われている

   形成外科・美容外科を専門とする大慈弥裕之・福岡大医学部教授 (形成外科) は、シワ取り注射で1300万円を請求された事件を例に「人生を豊かにするはずの美容医療が不幸にしている」と、医療トラブル防止の重要性を強調した。

   背景にはインフォームド・コンセントの不足、説明不十分がある。ホームページを見て受診する患者は多いが、ホームページには不正確な内容が少なくなく、消費者庁は広告規制の見直しを進めている。

   日本美容外科学会(JSAPS)は厚生労働省に昨年、美容医療の質、使う薬・器具・材料の安全性を高めるよう申し入れた。大慈弥教授は、技術や知識不足の医師が多く、未承認の薬や材料が医師の個人輸入で安易に使われている現状の改善を訴えた。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット