文字サイズ
標準
大きく

最新のレーザー治療「ピコレーザー」 刺青治療から薄いシミ、老人性のシミ治療にも  日本美容皮膚科学会2017レポート(5)

as_20170823121653.jpg
最新のレーザー治療とは(画像はイメージ)

   美容医療では波長や照射時間が異なる各種レーザー治療器が使われている。2017年 7月29日、大阪市で開かれた日本美容皮膚科学会では、最新型である「ピコレーザー」がシンポジウムで取り上げられた。ピコ (ピコ秒、ピコセコンド) レーザーとはピコ秒( 1兆分の 1秒) 級の短間隔で発振する。約18年前、刺青 (いれずみ) 治療目的で開発され、数社から発売されている。 3人の講演では、いずれも有用との評価だった。

米国製3社のピコレーザーを用いた医療例を発表

   東京女子医大成人医学センターの根岸圭・講師(形成外科)は米国CU社製品を使い、効果と安全性を検討した。日本人女性22人の日光性色素斑44病変に 2種類の波長のピコ・ヤグレーザーを照射した。41病変は 1回、 3病変は 2回の照射で75%以上の改善率で、治療後の色素沈着はナノ秒 (10億分の 1秒) レーザーより格段に少なかった。また、治りにくいシミの肝斑 (かんぱん) 10例のうち 7例に有効だった。根岸さんはピコレーザーの使いやすさを強調した。

   東京都で開業する宮田成章医師(形成外科)は米国SC社製品の使用経験を報告した。ピコレーザーは実際にはナノレーザーの10分の 1程度の短間隔だが、小さな色素粒子も壊せるので刺青には画期的効果があった。また、薄いシミにも有効だった。

   横浜市で開業の奥謙太郎医師(皮膚科)は、米国CY社製品を使って、老人性色素斑などを治療している。症例ごとに照射法を変えて組み合わせ、最適の複合照射で有効性をさらに高めることができた。副作用は少なく、肌の状態も改善できた、という。

(医療ジャーナリスト・田辺功)

医師・専門家が監修「Aging Style」

第35回美容皮膚科学会総会・学術大会
シンポジウム2 「『picoレーザー』:色素病変への対応」
※敬称略
座長:
山田 秀和 (近畿大学医学部奈良病院)
中野 俊二 (久留米大学/中野医院)
演者:
根岸 圭 (東京女子医科大学附属成人医学センター)
宮田 成章 (みやた形成外科・皮ふクリニック)
奥 謙太郎 (あざみ野ヒルズスキンクリニック)

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット