文字サイズ
標準
大きく

お香には薬に匹敵する鎮静効果がある? マウスを使った実験からわかった驚きの成果 日本美容皮膚科学会2017レポート(6)

as_20170823115102.jpg
マウスを使った実験から(画像はイメージで記事との関連はありません)

   2017年7月29日~30日に大阪で開催された第35回日本美容皮膚科学会総会・学術大会で興味深い講演があった。

   京都大学大学院・薬学研究科の伊藤美千穂准教授による、「匂い」が持つ薬効の可能性を示したシンポジウムだ。

お香は生薬と同じ材料

   匂いは五感の中に含まれる要素であり身近な存在だが、感覚的で数値化し辛く、「科学になりにくい」ともいわれる。伊藤氏自身、研究に取り組み始めてから数年は1本も論文にできなかったという。

   それでもなぜ、匂いに注目したのか。日本の伝統文化のひとつに「薫香」、いわゆるお香がある。お香で用いられる植物材料は生薬に使われるものと同じ植物が多い。11世紀に書かれた中国の漢詩「香十徳」でも、香の匂いにリラックス効果や精神安定作用が期待できると書かれているという。

   もともと生薬用植物を研究対象としていた伊藤氏も、生薬の効果と匂いに関係があるのではないかと考えた。

   しかし、たかが匂いがそこまで人体に影響を与えるだろうか。匂いが生じる仕組みは、空気中に浮かぶ分子が動物の体内に取り込まれると「匂い」として認識されるというものだ。体内に分子が取り込まれるということは、薬を服用して薬効成分を体内に取り入れるのと同じ作用が起きる可能性はゼロではない。

   難しいのはその効果の検証だ。まず気体状態なので量が非常に少ない。また条件や記憶、主観に大きく作用されるため、人を使って検証してもほとんど効果が確認できないという。

   そこで、空の水槽を利用してマウスの行動回数を測定する装置を作成した。さまざまな生薬の匂いを装置の上部から注入し、その際に装置の中の一定のエリアをマウスが何回動き回っているか数値化。鎮静効果を比較するというものだ。

   こうして測定してみると、お香でも使われる香料のひとつ「沈香」を注入した場合、何も注入されていない場合に比べマウスの行動量は半分以下になっていることがわかった。アロマテラピーでリラックス効果があるとされるラベンダーオイルと比較しても、少なくなっていたという。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット