文字サイズ
標準
大きく

がん早期からの緩和ケアで患者と家族を支える 日本緩和医療学会2017レポート

as_20170904113254.jpg
第22回日本緩和医療学会学術大会

   第22回日本緩和医療学会学術大会が2017年6月23~24日、パシフィコ横浜で開かれ、緩和ケアの専門家らが日々の研究や診療の成果を発表、Aging Style編集部が取材した。

補完代替療法、医師に相談しないケースも

   がんと診断された患者は、治療を進めるうえで抗がん剤や放射線治療のほかに、健康食品や食事・運動療法、温熱療法、音楽療法といった様々な補完代替医療(CAM: Complementary and Alternative Medicine)への関心が高くなる。

   患者はどの程度CAMを選択しているのか。がん・感染症センター都立駒込病院の鈴木梢医師(緩和ケア科)が緩和ケア病棟の遺族を対象に行ったアンケート調査によると、回答者451名のうち約半数はCAMを利用していた。

鈴木梢さん
鈴木梢さん
情報源は、インターネットや本よりも家族や友人が多かった。 主に免疫力の向上や精神的な支えのためにCAMは利用されていた。

   CAMの内容はサプリメント、食事療法、ビタミン療法、運動療法、鍼灸など多岐に渡っていた。一部の患者はCAMに過度な期待をして多額な費用を投じ、さらに副作用が出現していることもあるが、患者が治療医に相談をせずに受けているケースも見られ、医療者側はCAMの内容や目的についても注意を払う必要があるとした。

石原未希子さん
石原未希子さん

   次に、音楽療法の有効性や病院内で実施できるかについて、北里大学医学部呼吸器内科の石原未希子医師が発表した。米国の資格を持つ音楽療法士と共に検証したところ、身体的苦痛や気持ちのつらさを和らげる効果があったという。また、脈拍と呼吸数から判断するとリラクゼーション効果があることもわかった。北里大学病院内では安全に実施できたが、今後は大規模な検討や普及に向けた取り組みが必要だとした。

   会場では、日本での音楽療法の在り方や、音楽療法士の教育などについての質問や意見交換があり、関心が高いことが感じられた。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット