文字サイズ
標準
大きく

脱毛施術...大人だけでなく子どもにも関心広がる 日本美容皮膚科学会2017レポート(8)

子どもの脱毛は保護者立ち合いのもとで
子どもの脱毛は保護者立ち会いのもとで(画像はイメージ)

   脱毛は若い女性が身だしなみを整えたり、手入れの手間を軽減したりするためのもの――というのは、もう古いイメージかもしれない。

   2017年7月29日~30日に大阪で開催された第35回日本美容皮膚科学会総会・学術大会で行われたシンポジウム「脱毛のupdateと陰部のanti-aging」では、医療脱毛の現場に立つ医師たちから興味深い現代の脱毛事情が紹介された。

介護のためにVIOラインを脱毛?

   「VIO脱毛」とも呼ばれる陰部脱毛の現状を取り上げたのは、つかはらクリニック院長の塚原孝浩医師だ。

   そもそもVIO脱毛とは、Vライン、Iライン、Oラインの3か所の脱毛を意味する。Vラインはいわゆるビキニゾーンなどと言われる部分で、医学的に統一された基準はない。塚原医師によると医師が悩む部位のひとつで、患者と相談をして脱毛範囲を決めるという。Iラインは女性の陰部両側、Oラインは肛門周辺を指す。

   VIO脱毛は、毛の処理の手間を軽減する目的か、デザイン性を重視したファッション目的で施術を受ける患者が多かった。しかし、その後VIO脱毛が普及すると、清潔感を保つことができるメリットが知られるようになり、衛生面での理由からの施術も増加。さらに、将来的な介護の際に介護者の手間を軽減するためにVIO脱毛を行うという例も出てきているという。

   実際につかはらクリニックでVIO脱毛を受けた女性患者を対象に、脱毛を受けた理由や受けたことによるメリットを調査したアンケートでも、興味深い結果が出ている。

   例えば回答者は20~30代の女性が多いものの、40代以上も半数以上いた。年齢別で見ると20~40代まではVラインの施術が最もいが、50代になるとIライン、Oラインの施術が多くなる。組み合わせ別でも20~40代はVIOだが、50代以上になるとIOの組み合わせが多いようだ。

   脱毛を受けた理由については、20~40代では見た目のためが最も多く、次いで衛生上の理由となっている。50代以上になると見た目よりも衛生上の理由、看護介護のためというきっかけが多くなる。年齢ごとに動機が異なるのは当然だが、塚原医師は30代からでも将来的な看護介護を目的に施術を受けている人も注目すべき点だと指摘していた。

   メリットは全年代で外見や手間の軽減、衛生的になったとするものが多く、介護看護の不安が減ったという回答は少なかった。これはメリットがなかったということではなく、まだ介護や看護を実感する年齢に達していないのではないかと推測される。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット