文字サイズ
標準
大きく

妊婦の恐怖「出産より痛い!」尿路結石 普通の女性より2.3倍も発症率が高い理由

   「出産より痛い!」と恐れられている妊娠中の尿路結石。妊婦はそうでない女性に比べ、尿路結石の発症リスクが2倍以上も高くなるというショッキングな研究がまとまった。

   米ニューハンプシャー州のダートマスヒチコックメディカルセンターの研究チームが米の泌尿器科専門誌「Journal of Urology」(電子版)の2017年8月14日号に発表した。

お産より痛い結石に気をつけよう
お産より痛い結石に気をつけよう

「出産がこの世で一番痛いと思っていたけど...」

   尿路結石は、腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石の総称だ。尿は腎臓で作られ、尿管⇒膀胱(ぼうこう)⇒尿道という尿路を通って外に排出される。結石は腎臓と尿管でできるのがほとんどで、結石が詰まった場所によって名称が異なってくる。

   鎮痛薬などが使えない場合があるため、妊婦にとって妊娠中に尿路結石ができることがいかにツライか。ヤフー知恵袋「出産と尿管結石を体験した方の感想を聞きたい」(2012年11月6日)にはこんな声が――。

「私は出産しか経験ないですが、母は出産3回と尿路結石が1回あります。『出産がこの世で一番痛いと思っていたけど、尿路結石の方が痛かった』と何度も言っています」
「妊娠9か月の時に突然、尿管結石の痛みに襲われました。結論から言うと痛みのレベルは同じでした。しかし、陣痛には休みがありますが、尿管結石の痛みは鎮痛剤を使えず、ひたすら耐えるのみ。誕生の感動もありません。二度とごめんです。今、2人目を妊娠中。今回も結石の痛みがきたらと不安です」

   「Journal of Urology」誌の論文要旨によると、研究チームは米国民を地域、人種、経済状態に応じて代表的なサンプルを取った2007~2012年の国立健康栄養調査をもとに、妊婦の尿路結石の発症リスクを調べた。その結果、50歳以下の女性全体の尿路結石の発症リスクは6.4%だった。そのうち妊娠中の女性の発症リスクは7.5%で、妊娠していない女性の3.2%の2.3倍に達した。2回以上妊娠した女性の場合は、妊娠していない女性に比べ2.4倍に高まった。

   ただ、今回の調査は傾向を調べる「観察研究」のため、研究チームではなぜ妊娠すると尿管結石ができやすくなるのか、理由を明らかにしていない。

   専門医が監修する医療健康サイト「cmedicalcenter.net」の「尿管結石」ではこう説明している(要約抜粋)。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット