文字サイズ
標準
大きく

「ゆるやかな糖質制限」専門家が勧める「理想の朝ごはん」とは?

   朝ごはん、きちんと食べていますか? 時間がない、朝は食欲がないなどの理由から、朝食は食べないか、食パン1切れとコーヒーだけ、という人も多いのではないでしょうか。

朝食が血糖値の変動を抑える

写真はイメージ
写真はイメージ

   厚生労働省の「平成27年国民健康・栄養調査」によると、成人の朝食欠食率(調査当日に朝食を欠食した人の割合)は、男性14.3%、女性10.1%で、全体的に見ると8~9割の人が朝ごはんを食べていることがわかります。

   一方で、男女とも欠食率の高い20~30代では、4人に1人が朝食を食べないか、サプリメントやヨーグルトのみで済ませている実態が明らかに。また、近年では、40~50代にも朝食を食べない人が増加傾向にあります。

   「昼と夜はしっかり食べているから大丈夫」「ダイエットには結局、食べないのが一番」という思い込みは危険。朝食は1日の活動を始めるためのエネルギー源であり、脳の働きを活発にし、集中力や記憶力を高めることから、三食の中でも最も大切な食事と考えられています。

   さらに、最近では、朝食が血糖値のコントロールにも非常に重要であることもわかっています。血糖値は1日のうちに何度も上下動しますが、その変動が大きいと血管に負担がかかり、動脈硬化が進みます。また、細胞の劣化を招く「糖化」を引き起こし、肌の老化や腎機能の低下、骨粗しょう症、白内障、アルツハイマー病などの原因になると考えられています。

   1日の血糖値の変動と食事の回数との関係を調べた過去の研究では、三食とっているグループの血糖値変動が最も小さく、夕食だけのグループが最も大きかったという報告があります。朝食は、血糖値の上下動を抑え、老化を予防するためにも大切な役割を果たしているのです。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット