文字サイズ
標準
大きく

あなたのいびき大丈夫? 自己テスト 肥満症予防協会がホームページで公開

   いびきはただのクセだから...なんて軽くみていないだろうか。家族に迷惑をかけるばかりか、危険な病気が潜んでいる可能性もある。

   日本肥満症予防協会は、いびきの恐ろしさを啓発するため、2017年7月末から「スノーラー自己テスト」をウェブサイト(http://himan.jp/information/000240.html)で公開した。スノーラーとは英語で「いびきをかく人」の意味だ。

いびきは「ハラスメント」
いびきは「ハラスメント」

10項目中4つ以上で怖い「睡眠時無呼吸症候群」

   同協会のウェブサイトによると、いびきは空気の通り道である気道が狭くなっているサイン。習慣的ないびきがある場合は、寝ている時に呼吸が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」(SAS)の可能性がある。十分に睡眠がとれていないため、昼間眠くなって居眠り運転などの事故につながるばかりか、疲れが抜けないため、あらゆる病気の元になる怖い病気だ。

   自己テストは愛知医科大学睡眠科の塩見利明教授が監修した。「夜中に何度もトイレにいく」「朝に目が覚めると、のどが渇いている」「酒を飲む機会が多く、飲みすぎる」「首が太く姿勢が悪い」「下あごが小さく歯並びが悪い」「アレルギー性鼻炎などの鼻の病気がある」など10項目をチェックし、4項目以上当てはまると睡眠時無呼吸症候群の可能性があるため、かかりつけ医に受診するよう勧めている。

[J-CASTヘルスケア 2017年8月27日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット