文字サイズ
標準
大きく

がん治療の現状や課題などを専門家らが講演 無料の市民講座が10月22日に横浜で

   がんになったら、どんな治療法があるの? 仕事は続けられるの? がん患者を取り巻く医療や社会の現状と課題、就労に関することなどを学べる無料の市民講座が2017年10月22日13時からパシフィコ横浜・国立大ホールで開かれる。

   主催は、同時に開催される第55回日本癌治療学会学術集会。会長を務める北里大学医学部外科学の渡邊昌彦教授に今回の市民講座の特徴を聞いた。

「それぞれの癌」と共に、「それぞれの生」を生きる

北里大学医学部外科学 渡邊昌彦教授
北里大学医学部外科学 渡邊昌彦教授

   市民講座のテーマは「『それぞれの癌』と共に、『それぞれの生』を生きる」。テーマを決めた理由について、渡邊教授は、世の中にはがんに関する情報があふれているが、がん治療の本質を知り、そして患者さんの人生に合った医療やサポートを考えることが求められていると話す。

「『それぞれの癌』は、大腸がん、胃がん、乳がんなど各々のがんの個性を知り、それに対する治療法を選択する必要があるということです。また、遺伝子研究が進み、同じがんでも遺伝子の異常個所によって特性が違うことが分かってきました。将来的に『個人のがん』に応じた医療・治療がさらに求められるでしょう。『それぞれの生』は、患者一人ひとりが違う人生を歩み、それぞれ違う価値観や哲学を持っているということ。その人が何を望むのか、どう治療したらいいのか、その人全体をサポートできるような社会の仕組みが求められていると感じています」
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット