文字サイズ
標準
大きく

コーヒーで眠れなくなるのはなぜ? 睡眠と脳、休息をテーマに専門家らが講演Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(8)

   「健康をつくるデザイン」とは何か――Aging StyleとGOOD DESIGNがコラボして、医療従事者や研究者、デザイナーらがそれぞれの取り組みを紹介するトークイベントが2017年8月25日にあった。

眠りは脳の中をすっきりさせる役割もある

   イベントは今回で8回目。「休息」をテーマに、睡眠を30年以上研究し続けている裏出良博教授(筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構、DAAアンチエイジング医師団顧問メンバー)とホテルや旅館、商業施設など幅広い分野で建築設計及びインテリアデザインを手掛ける寶田陵氏が講演した。

裏出良博教授
裏出良博教授

   裏出氏は、コーヒーを飲むと眠れなくなる理由を解明したことで世界的に知られている。私たちが眠くなるのは、アデノシンという物質が脳内にある睡眠スイッチの穴にはまるから。アデノシンはカフェインと構造が似ているため、コーヒーを飲むとアデノシンより先に睡眠スイッチの穴にカフェインが入り込み、その結果、眠気を覚ますという。

   また裏出氏は、眠ると脳の全体の体積が小さくなると解説した。

「脳の周りの脊髄液量を増やし、老廃物を洗い流すためだと考えられています。睡眠は脳を浄化する働きもあるのです」

   アルツハイマー病の原因の一つとされるアミロイドβも老廃物のひとつ。よく眠ることは、認知症予防のひとつにもなる可能性があると言う。

「睡眠とは、パソコンを再起動させるように、脳の中をすっきりさせるような役割があります。眠るために生きているのではく、脳機能を維持するために定期的にシャットダウンする。もし眠れなかったら、無理に寝ようとしないほうがいい。いつかは必ず眠れますから」
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット