文字サイズ
標準
大きく

ジョンマスターオーガニック、製品自主回収について

   先日発表になった、ジョンマスターオーガニックの製品自主回収について,美容を教える化学の先生「かずのすけ」さんのブログで詳しく記事化されていましたのでリブログいたします。(その1、その2があります)

   ジョンマスター(以下、ジョンマス)のシャンプー、コンディショナーはもちろん試用したことがありますが、洗い上がりの髪が乾燥してまとまらないので個人的には好みではなく全成分表示を見て、なんでこの成分でこうなるんだろう? と思ってはいました。

   海外の処方がベースだからかもしれないし、髪質によって仕上がりは多少変わるし、という程度に判断していました。なので"私のおすすめ"という企画では、紹介したことはないと記憶してます。

   実は今年の春に、あるヘアケアの撮影で、あるライターさんと製品について雑談していたら
「私、恥ずかしいんですけどジョンマスのシャン・コンが良いと思えないんです」と。 この方が「恥ずかしい」と言ったのは、ジョンマスが"オーガニック製品として世間で高評価"なのに・・・という理由から。

   美容メディアでも"オーガニック"のものはプラス評価になる傾向がありますからね、「良いと思えない」とぶっちゃける勇気は要ったと思います。

   が、私も「使用感は個人的に苦手」と返したものだから、けっこう盛り上がりました。

   でも、原料の表示は特に問題を感じなかったので「この成分で、なんで使用感が悪いのかしらね」で、おしまい。

   洗い上がりの質感や使用感については、個人の好みなので問題にはできません。

   「ジョンマスのファンは、この使用感が好きな人とか、オーガニックだから買うという人が多いのでしょうね」 というところに話は落ち着いたのでした。

   化粧品の全成表示と実際の中身成分が違っているのは問題です。化粧品を使って湿疹やかぶれ、アレルギーなどの健康被害が出たときに、医師がいちいち化粧品メーカーに成分を問い合わせなくても原因を見つけやすく、治療に生かすため、そしてアレルギーや苦手な成分がある人が、より安全な製品を選びやすくするために化粧品の「全成分表示」が義務化されたのですから。

   「一部成分表示の不備」による自主回収で済むのか、疑問に思ってます。

   タイミングが良いのかどうか、来週10月12日には日本香粧品学会の教育セミナーが開催されます。

   テーマは「毛髪科学最前線 ~ヘアケアから再生医療まで」。

   春の香粧品学会よりも学術的なセミナーになりますが、何らかのお話が聞けることを期待。「全成表示と実際の中身成分が違う」って、かなりの出来事ですから。
[美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ 2017年10月2日より転載]

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット