文字サイズ
標準
大きく

「ロコモ」予防に3世代でエクササイズ 立命館大と順天堂大が3分間動画を公開

   立命館大学と順天堂大学は、親、子、孫の3世代で楽しみながらエクササイズできる体操「ACTIVE(アクティブ)5」を開発、2017年9月上旬インターネット上に公開した。「ACTIVE5」(http://www.activeforall.jp/topics/244/)。

   加齢や運動不足のために骨・関節・筋肉が衰えて歩行困難になり、要介護一歩手前の状態になる「ロコモティブシンドローム」(ロコモ=運動器症候群)の予防を目指す。

「ACTIVE5」の「3世代シンクロ」版(両大学の発表資料より)
「ACTIVE5」の「3世代シンクロ」版(両大学の発表資料より)

ロコモ予備軍は4700万人、予防は子ども時代から

   両大学の発表資料によると、「ACTIVE5」は「キッズ」「一般」「シニア」、そして全世代が一緒に行なう「3世代シンクロ」の4バージョンがある。ロコモ予備軍は全国に約4700万人いるといわれ、ロコモ予防には子ども・成人時代から運動習慣をつけることが大切だ。

   特に近年、小学生は運動をよくする子どもと全くしない子どもに二分される傾向が強い。「ACTIVE5」は、音楽に合わせながら「スクワット」(太もも強化)、「上半身トレーニング」(胸と腕の筋肉強化)、「体幹バランス」(バランス感覚強化)、「ヒールレイズ(ふくらはぎ強化)、「しこふみ」(股関節と下半身強化)の5つの動作を約3分間で行う。

   基本動作は同じだが、世代に合わせた運動が工夫されている。キッズは遊びながらできるようカニやヘビ、相撲取りをイメージした振り付け。一般は、体のこりをほぐしたり、姿勢を正したりする動きを取り入れ、運動レベルもハード。シニアは、深呼吸を多く加えて疲れすぎないよう配慮。また3世代が一緒に行なうと、要所、要所で振りが一致し、ダンスのような達成感が得られる。[J-CASTヘルスケア 2017年9月19日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット