文字サイズ
標準
大きく

唇の荒れ、リップケアでおさまりました

   仕事上、新製品の"試用"は必要。そして、ワタシは敏感肌ではないけれど、"荒れる"可能性はゼロではありません。

   それは、成分が良くなかった、というよりは、ほとんどの場合ワタシに「合わなかった」ということ。

   このたびは、複数メーカーの口紅の発色を試していて、翌日から唇が荒れました。保湿ケアをしてもガサガサして、皮もむけてきたので「あー、口紅のどれかが合わなかったのだなー」と判断。

   こんなときはアタマを切り替えて"荒れた唇の改善を助けてくれるリップクリーム探し"をいたします。

   使ってみてかゆみや刺激を感じないものは続けて試し、2~3日試して"改善の助け"を感じられなかったら別のものに切り替えました。

   なぜ「2~3日の試用」かというと、唇は角層が薄いため「ターンオーバーは3日ほど」とされているから。

   1回入れ替わって改善が感じられないのなら"現状維持"のタイプと判断しました。

   で、試用の初日からガサガサ感がおさまって、しっとりしたうるおいが続き、翌日からは皮むけもおさまってきたのが、これ。
       ↓

アベンヌ 薬用リップケア モイスト /ピエール ファーブル ジャポン
アベンヌ 薬用リップケア モイスト /ピエール ファーブル ジャポン

   アベンヌはそもそも低刺激のブランドで敏感肌対応なの安心して試せましたが"荒れた状態で試す"というのは、化粧品的には反則。

   ですが、荒れたときこそ保護が必要。「薬」に分類されているリップケア製品でも効果を感じなかった体験をしているので、こういう反則なお試しも個人的には必要なのです。

   さて、このリップクリームは防腐剤・アルコールフリーで、アベンヌ温泉水とミツロウを配合したクリーム成分メイン。唇の荒れやひび割れを防ぐ成分、植物性スクワラン、シアバターなども配合。

   24時間の保湿持続試験も行なったそうです。

   するすると薄くのびて、べたつかない使用感も特徴。うるおいが浸透した唇は、柔らかくふっくら。

   ワタシにとっては、通常のコンディションの時から荒れているときまで使えるアイテムだとわかりました。

   空気が乾燥する季節を前に、安心アイテムが増えました。

[美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ 2017年10月4日より転載]

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット