文字サイズ
標準
大きく

故 野際陽子さん、中村獅童さん、いときんさんを襲った肺腺がんとは?その治療法とは? 最新治療を専門医が解説! Vol.1 光冨 徹哉先生(近畿大学呼吸器外科 主任教授/日本肺癌学会 理事長)

as_20171011101203.jpg

   ここ最近、「がん」が報道されることも増えてきました。その中には、これまであまりなじみがなかった言葉も多く飛び交っています。例えば「肺腺がん」――故 野際陽子さん(女優)・中村獅童さん(歌舞伎役者)・いときんさん(ET-KING)が罹(かか)られたことで話題となりました。

   この肺腺がんとは、いったいどのようながんなのでしょうか。肺がんの最新治療も含め、日本肺癌学会理事長であり、次期世界肺癌学会理事長、近畿大学呼吸器外科主任教授の光冨徹哉先生にお話をうかがいました。(全2回)

肺がんの中でもメジャー!? 「肺腺がん」とは

柳澤:今回は、日本肺癌学会理事長の光冨徹哉先生にお話をうかがいます。先生は今年(2017)、世界肺癌学会の理事長に就任されるそうですね。

光冨: 10月に横浜で開かれる「世界肺癌学会」終了後より、プレジデントエレクト(次期理事長)、プレジデント(理事長)、パストプレジデント(前理事長)として各2年ずつ計6年間、世界肺癌学会の理事会に関わらせていただきます。世界的に肺癌学会をもりあげていくうえで、日本から理事長が出るということは意味のあることと思っています。

柳澤:先生が理事長をされている2020年には東京オリンピック・パラリンピックがありますね。"光冨先生だからこそ"の何かができるといいですね(笑)。期待しています。

   最近の著名人の報道などで「肺腺がん」という言葉を聞くようになっています。野際陽子さんや中村獅童さんが肺腺がんに罹られたことで、関心も高まってきました。「肺がんとは違うの?」「珍しいがんなの?」など、様々な疑問を持たれている方も多いと思います。まず、肺腺がんとはいったいどのようながんなのかを教えてください。

光冨:肺腺がんというのは、肺がんの一種です。

   臓器での分類――例えば、肺がん、胃がん、大腸がんなどであれば分かり易いですが、「腺がん」というのは分かりづらいかもしれませんね。そもそも「腺」というのは、唾液腺、乳腺などのように、何かしらの液体を出すような器官で、管のような構造をしています。その「腺」にできたがんを腺がんと言います。腺がんは様々な臓器にできます。胃がんはほとんどが腺がんですし、子宮がんにも腺がんがあります。腺がんが肺にできると「肺腺がん」と呼ばれるわけです。

   多くの臓器では、それぞれ、できたがんのうちほとんどが腺がん、ほとんどが扁平上皮がんなど、種類がおよそ決まっています。しかし、肺がんは様々な種類があることが特徴です。肺がんで多いのは、腺がんのほか、扁平上皮がん、小細胞がん、大細胞がんの4つになります。

柳澤:肺がんの中での腺がんの割合はどのくらいでしょうか。

光冨:日本では、肺がんのうち男性で4割、女性で7割以上が腺がんですので、肺がんの中では最も多いタイプと言えます。

   実は、20年くらい前の肺がんでは、扁平上皮がんと腺がんは同じくらいの頻度でした。しかし、近年では腺がんの方が多くなっています。扁平上皮がんが減ったというよりも、肺がんに罹る人が全体的に増加し、そのうちの腺がんの割合が増えているといったところです。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット