文字サイズ
標準
大きく

更年期、声のオバサン化は防げる?

   若いころは、高くかわいい声だったのに、いつしか低くて太いオバサン声に...。今回は、「声のアンチエイジング」に関するご相談です。

Q.更年期に入ったころから、声が低くなってきたように感じます。先日、カラオケに行って、以前は普通に歌えた曲が、高い音が出ず、歌えなくなっていることに気づき愕然。活舌も悪くなってきたような...。このままオバサン声になってしまうのでしょうか。声のアンチエイジング法を教えてください。(50代女性)

年齢は声に表れる

A.声って意外と年齢が表れるものですよね。残念ながら、どんなに美しい声も、加齢によって低くなったり、太くなったり、さらにはかすれたり、活舌が悪くなったりと、変化していくことは避けられません。

   声の老化は50代くらいから進み、声質も少しずつ変化します。原因の一つは、発生の仕組みに関係しています。

久しぶりに歌ってみたら...アレ?
久しぶりに歌ってみたら...アレ?

   のどの左右の壁には開閉する襞(ひだ)があり、これを声帯と言います。肺から送り出される呼気がその隙間(声門)を通過するとき、声帯に振動が生じることで、声が出ます。加齢によって声帯が委縮すると、襞を閉じる機能が低下し、声を出しにくくなったり、かすれたりするのです。

   ホルモンの変化も関係しています。男性が思春期に声変わりをするように、女性も更年期になると、女性ホルモンの減少によって、声が男性のように低く、太くなるなど、変化が現れることがあります。また、喫煙や、刺激の強い食べ物を好むなど、生活習慣も大きく影響します。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット