文字サイズ
標準
大きく

スマホが原因で食中毒に!? ノロウイルスやO-157感染のおそれも

【その原因、Xにあり!】(フジテレビ系)2017年9月29日放送
「緊急SOS この秋の危機ワースト20 ―あなたの命を救う方法―」

   スマートフォン(スマホ)を片時も手放せない人は少なくないだろう。

   食事中にお風呂の中、そしてトイレでも...。四六時中触っていると「スマホ中毒」に陥るおそれがあるが、それだけでなく「スマホ食中毒」になってしまう可能性も。

as_20171020111527.jpg

端のくぼみや裏面をしっかり除菌が吉

   「スマホ食中毒」は、スマホをトイレで使うのが一因となる。

   トイレの水を流すと、水しぶきが周囲に飛び、同時に細菌やウイルスが散乱する。トイレは風通しがなく、せまい室内のため、細菌やウイルスは中にとどまる。それが持ち込んだスマホに付着してしまう。

   東京医科大学の中村明子兼任教授によると、スマホに付いた細菌やウイルスは大量に増殖することはないが、一度付くと1日くらいではなくならないという。

   ノロウイルスやサルモネラ菌、O-157に感染している人が排泄すると、トイレにそれらのウイルス、細菌が存在しうる。トイレの後に手を洗っても、その後スマホを触れば、細菌やウイルスがまた手に付着し、食べ物を通して体内に入るおそれがある。

   「スマホ食中毒」を防ぐには、スマホを定期的に除菌シートなどで拭くとよい。

   細菌、ウイルスが残りやすいのは、スマホの端のくぼみや、絶えず手が触れている裏面だ。汚れがわかりやすい液晶画面だけでなく、そうした場所もきちんと拭くようにしよう。
[J-CASTヘルスケア 2017年10月5日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット