文字サイズ
標準
大きく

小林照子先生に「糖化のくすみ肌」をインタビュー

久しぶりにいい天気が続きそうですね。
さて。

美容研究家であり、美・ファイン研究所所長、 [フロムハンド]メイクアップアカデミー学園長としても知られ、長年美容の世界で幅広くご活躍されている小林照子先生にインタビューさせていただき、
AGE測定推進協会のHPで記事化されました。
http://www.age-sokutei.jp/expert/14.html

AGE(Advanced Glycation End Products)とは「終末糖化産物」と呼ばれ、
食事などから摂った糖質が体内のたんぱく質などと結びついて、細胞や血管、骨などに蓄積して劣化させます。
これが「糖化」。"体のサビ"と言われる「酸化」に対して、"体のコゲ"と表現されたりします。

肌の"黄くずみ"も糖化が原因であることがわかっています。
これをどうやって防ぐか?

「62年、人の肌に触れる美容の仕事を続けてきた」小林先生が、糖化が知られるずっと以前から
「人の肌は年齢とともに黄色くくすむ」ことに気づき、それを防ぐためにどうしたらいいのか?
と考えて、長年提案してきた"ひと手間"の美容法についてもお話してくださいました。

「糖化の研究や予防法は、お医者様や専門の方々が研究、提案されているそうですから、私は自分の専門である、体の外側から行なう「美容法」で、肌の美しさの維持についてお話しします」と小林先生。

美容が与えてくれるさまざまな効果についてもお話しされ、とても楽しく、パワーチャージまでさせていただけた取材でした。
小林照子先生のパワーを、この記事で多くの方に感じていただけたら嬉しいです。

as_20171103073109.jpg

私自身が肌の不安定さを感じたのは、学生時代と30代初めの2回しかないのですが、学生時代の不安定さを救ってくれたアイテムが、小林先生が開発に関わったものだったのです。

それを雑誌の編集者時代に知り、化粧品の発表会などでお話しを聞く機会もあり、勝手に「美容の師匠」のおひとりとして尊敬していました。

今回ようやく、長いインタビューの機会を得て、今までの思いもあって脱線することもしばしばだったのですが「あら! そんな古いことまで知ってるのね!」と驚かれて、"昔"の開発背景や先生の思いなどもうかがえて、とても楽しく、学ばせていただくことも多い取材でした。

何より、変わらすツヤツヤで透明感とハリに満ちた先生の肌には驚かされますし、スッと伸びた背筋、笑顔でお話しされるご様子に、改めて「年齢とは記号でしかない」と感じました。

美容の世界は、小林照子先生のような尊敬できる先輩がいらっしゃるので、いつも刺激に満ちていて奥が深く、楽しいです。

美容の意識が糖化を防ぐことにもなりますし、日々の生活にうまく取り入れようと思いました。

AGE測定推進協会HP/トップ
http://www.age-sokutei.jp/

[美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ 2017年11月2日より転載]

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット