文字サイズ
標準
大きく

機能性表示食品で初の景品表示法違反に基づく措置命令! 葛の花由来イソフラボンを関与成分とする機能性表示食品販売事業者16社!

会見を行う、消費者庁表示対策課 大元慎二課長
会見を行う、消費者庁表示対策課 大元慎二課長
テレビ局5社が参加するのも珍しい光景
テレビ局5社が参加するのも珍しい光景

   11月7日、消費者庁は葛の花由来イソフラボンを機能性関与成分とする機能性表示食品の販売事業者16社に対する景品表示法違反に基づく措置命令を行ったと発表した。

   措置命令において、一般消費者に対する誤認排除措置、再発防止及び不作為を命じる事業者は、㈱太田胃散、㈱オンライフ、㈱CDグローバル、㈱日本通教の4社、既に一般消費者に対する誤認排除措置を講じており、措置命令において、再発防止及び不作為を命じる業者は、ありがとう通販㈱、㈱ECスタジオ、㈱協和、㈱スギ薬局、㈱ステップワールド、㈱テレビショッピング研究所、㈱Nalelu、㈱ニッセン、日本第一製薬㈱、㈱ハーブ健康本舗、ビルボックスジャパン㈱、㈱やまちやの12社の合計16社。

   会見で消費者庁表示対策課の大元慎二課長は「多くはタブレット形状の商品であるが、他にもお茶や青汁形式のものなども含まれている。販売経路に関しては主に通販であるが、一部薬局などの小売り販売のものも含まれている」として、今回、各社が行っていた、"誰でも容易に痩身効果が得られるかのような表示"について、その合理的根拠を求めたところ、各社の提出資料は合理的根拠とは認められず、優良誤認と判断し、景品表示法違反に基づく措置命令を本日行った、と説明した。

   また、根拠がないとされたポイントについては
*データではBMIが25~30という軽度の肥満の被験者が対象であるにもかかわらずそれに準ずる広告表示がなされておらず、あたかも誰にでも効果があるような表現が用いられていたこと。
*根拠データでは、運動と食事制限によって、摂取エネルギーよりも消費エネルギーが上回る状態を維持することが条件とひとつとなっているが必要(運動では、12週間平均で約8000~9000歩/日で、これは通常より2000歩/日多い)
*実験結果の約1Kg減少、ウエストで約マイナス1cmは通常1日の変動範囲と考えられる。
の3点を挙げた。

問題とされた広告の1部
問題とされた広告の1部

   さらに、ほとんどが痩身効果をうたった優良誤認であったが、1件はさらに「生産が追い付かないという表示をしたが、実際には具体的な数値の対策を立てておらず、表示期間中における注文は僅少であった」という表示も優良誤認と認定されている。

   大引課長は「機能性表示の"内臓脂肪が減る"という部分を否定するものではないが、痩身効果があるとは思えないという部分が違反となっている」と強調した。

詳細
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/index.html#public_information

「内臓脂肪を減らす」機能や機能性表示食品制度の問題ではなく、
あくまでも届け出の範囲を超えた「痩身効果」が問題!

その後の質疑応答は下記レポートする
Q:葛の花由来イソフラボンを関与成分として機能性表示食品を販売している全社対象か?
A:全社ではない。あくまでも問題の表示をしている会社のみ対象。

Q:原料の製造元の責任は?
A:あくまでも景品表示法で必要な処分をとっているということ。

Q:機能性表示食品制度は政府の成長戦略の1つだと思うが制度への影響は?
A:わかりません。私が答える立場ではない。影響という意味で記者の方のご質問がよくわかりませんが、どういった趣旨で質問されていますか?

Q:販売事業さんが制度を利用することを委縮してしまうのではないか?
A:どうしてでしょう?

Q:制度は、中小企業の活用を促すというのが一つの目的だったが・・・。成果もまだあまり出ていない段階かと・・。
A:委縮かどうかは私は答える立場にはありません。答えは控えさせていただきます。データをきちんと把握していればこのような表示はできないわけなので、それを中傷だからといってこのようなデータの見方ができないといったことではないと思う。

Q:専門家にデータの検証を依頼したということだが、セカンドオピニオンか?
A:考査の内容についてはお答えできません。

Q:体重を減らすということを断定的にいう部分が措置命令につながったのか?データが示せなかったことがそうなのか?
A:景品表示法は根拠なければ違反になる。両方と理解していただいた方がいいかと思う。外見上の変化が期待できるほどの効果があるとの表示を行っているものに対してデータがないということ。

Q:それだと表示の届け出の「内臓脂肪を減らす」という部分が問題では?
A:問題は「内臓脂肪を減らす」を超えて痩身効果をうたったこと。届け出とはリンクしない。届け出に関して不備があれば必要な指導が行われるかと思うが、届け出に関する話ではない。今回の措置命令は景品表示法の痩身効果にかかわるもの。

Q:課徴金の対象にはならないのか?
A:今後の調査の結果次第。

Q:今回はあくまでも表示の問題で葛の花由来イソフラボンの効果を見ているわけではないといった理解でいいか?
A:葛の花由来イソフラボンの内臓脂肪(への効果)を超えたところには、少なくとも根拠がないということ。葛の花由来イソフラボンを関与成分として届け出をだされている商品は全部で40数社あるが、このうち痩身効果までうたっているのは消費者庁が確認する範囲では16社ということ。他の会社に関しては届け出の範囲であった。

Q:打消し表示に関しては?
A:あるところとないところがあるが、打消し表示があるところでも、打消しにはなっていないという判断。

Q:16社以外は届け出の範囲と認められるということ?
A:認められるという積極的な認定をしているわけではないが、16社以外は内臓脂肪を減らす効果に収まっている。葛の花由来イソフラボンに関してはトクホも取得されており、一定の効果に関して否定しているものではない。

Q:16社の現在の販売状況は?
A:会社によって違う。取り扱いをやめているところもあり、表示を変えて販売継続しているところもあると聞いている。直近の確認はしていない。

Q:現在痩身効果をうたっているところはない?
A:現在は痩身効果をうたっているところはないと思います。

Q:今回の違反はパッケージではなく、あくまでも広告だけ?
A:痩身効果をうたった広告だけです。

Q:対象論文の摂取カロリーが2000Kcalとなっており、この数字自体がかなり厳しい数字かと思うが、ここは問題ない?
A:各社の広告表示は食事制限しなくてもいいとなっている反面、データでは食事や運動制限もしているというところが問題。運動と食事制限をしているデータがリンクできていない。

Q:運動や食事の制限がある場合、表示にそのことが書かれていないのは問題ではないか?
A:書かなくてもいい裏付けのデータがあれば問題ない。あくまでも表示と実際があってるのか?違っているのか?だけが問題で、健康面でこうした方がいいかといった面は我々の範疇ではない。

Q:打消し表示に関して?
A:体験談は効果そのものとの認識をしている。「個人の感想である」という表現は効果を打ち消すものではない。また体験談の効果が実際の効果と違っていればこれも優良誤認。

Q:どういう広告表現をすべきか?
A:この商品が誰に対して有効なのかをはっきり示さないのは問題である。また、運動や食事制限がいらないという部分も問題。対象が限られているデータなので、その部分は歌うべきではないか。

Q:今回の調査はいつ開始し、どのくらい行われたか?
A:調査の時期と期間に関しては公表できない。

Q:機能性表示食品の景表法違反の措置命令は初めてか?
A:はい。

Q:消費者への注意喚起があれば。
A:健康食品Q&Aにも書いてあるが、通常食品で痩身効果はありえない。

Q:16社すべての広告が運動しなくても痩せられるというところか?
A:はい。そこは共通しているところ。

Q:機能性表示食品の届け出の資料は全部同じ論文か?
A:各社違っており、自社の臨床試験もあれば複数のSRもあるが、しかし基本的には論文は4つのものに集約される。

Q:製造元は1つか?
A:製造元はまちまち。会社の情報なので個別にあたってください。

Q:広告が横並びで似通っているが、連絡を取り合ってやっているのか?
A:横並びはないと思う。同じ商品ならあり得るが、各社独自の商品なので各社それぞれの判断と思う。

Q:葛の花由来イソフラボンというのは商標?成分はきちんと含まれていたか?
A:単に名称だと思います。成分はきちんと含まれていました。

Q:16社一斉の措置は過去最多か?
A:いや、違います。ただし、食品では最多かと思います。

Q:社告の時期は?
A:措置命令で確認して下さい。

以上

[斬新な視点から健康・食・運動スポーツに関する情報を発信するWebマガジン「HealthBrain」2017年11月7日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット