文字サイズ
標準
大きく

クスリ早見帖ブックのすゝめ

as_20171225172038.jpg

   作成にほんのちょっとだけお手伝いしました。帯も書いてます。

   我々、医者は案外市販薬の知識がない。大抵の市販薬は複数の成分を混ぜている。ジキニンとかパブロンとかいっても、何のことだかその実わからないのである。その上、栄養ドリンクよろしく「エース」だとか「プレミアム」だとか、いろいろなバリエーションがある。包括的に理解するのは不可能だ。

   よって、本書である。本書はよくある風邪薬などの成分、外観のデータベースだ。QRコードから添付文書にも飛べる。ジキニンに実は甘草が入っていて、飲みすぎると低カリウムなどのリスクになることが本書で分かる。タカヂアスターゼって今も使われてるんですね。いろいろ勉強になる。

   外来においておけば実務上とても便利だし、本書を読むとOTCのいろいろが分かって、これまた楽しい。医師、薬剤師には是非オススメである、安いし。

[楽園はこちら側 2017年12月15日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事