文字サイズ
標準
大きく

鏡に映る自分は無意識に「いい顔」している? 理想の自分と現実の違い

「女優のような顔になりたい」はストレスを招く?

   顔の造作に関しては、女優やタレントの○○さんの様になりたいと具体的に理想とする人物を挙げる方もいます。

   でも、見た目を近づけるといっても限界はあります。現状の自分に満足できない状況が続けば、そのこと自体がストレスになり、悪くすると自己否定から精神のバランスを崩しかねないともいえます。

   「誰かになりたい」よりも「自分らしい魅力」は何なのかを一度、考えてみてほしいと思います。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事