文字サイズ
標準
大きく

つややかな肌を作る、ハッチのボディオイル

   空気が乾燥する冬は肌も乾燥しやすく、しかも、寒いために血のめぐりがわるくなり、代謝が低下します。

   日々、そこそこケアをしている顔でもかさつきやすい季節なので、もしもボディケアを毎日してなければ、冬の間にひじとかかかととか、角層の厚いところが乾いてカチカチになってしまうし、乾燥すると刺激に弱くなってかゆくなりやすいのです。

   美肌以前の、肌の健康のためにも、毎日のボディケアをおすすめします。

   乳液でもクリームでも、好きな感触のものを使えばよいのですが、あと肌がべたつかず、香りもいいボディオイルをご紹介します。

HACCI  ボディオイル 155ml
HACCI ボディオイル 155ml

   ビタミンEを豊富に含むヒマワリ種子油(オーガニック)、セイヨウアカマツ葉油、パチョリ油、はちみつなどをブレンド。また、脂肪分解効果が注目されているピンクペッパーエキスも配合。

   入浴やシャワーのあとの温まった肌に使うのがおすすめ。

   体の末端から中心に向かって軽くマッサージしながらなじませますが、ひじやひざ、かかとなどの固くなりやすい部分、乾燥が気になる部分は円を描くように丁寧につけましょう。

   つけた後、肌にべたつきが残らず、すべすべになるのがこのオイルのいいところ。寝る前はもちろん、出かける前にも使いやすいのです。

   そして、香りも魅力的。ほのかにフルーティでありながら、肌に残るラストノートはセンシュアル。

   時間のかからないケアですが、続ければ肌はしっとり柔らかく、つややかに変わっていきますよ。

   紫外線が弱い冬の間にボディケア、ぜひ。

[美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ 2018年1月10日より転載]

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事