文字サイズ
標準
大きく

クラランスの春新色とNew保湿アイテム

   年明けと同時に、化粧品メーカーでは春の新色やら新製品が続々と発売されています。

   50年ぶりの寒さではありますが、デパートなどの化粧品売り場はウキウキするような春の様相ですよ。

   これはクラランス。フランスを代表する植物コスメのメーカーです。

as_20180130123130.jpg

   昨年秋に行われた発表会の、メイクアップアイテムのディスプレイ。

   製品を"寄り"で撮ろうとしたら、一緒だった同業者Aちゃんが「あ、ずれてる!」って気づいてササッと直してくれてるとこ。「写っちゃった、ごめーん」って言ってたけど、いい感じなので掲載。ありがとうAちゃん。

as_20180130123546.jpg

   これらは1/19発売の限定アイテム。今年のテーマは「Happy! Easy! Healthy!」で、わくわくさせる、テクニック要らずで使いやすい、スキンケア効果を持たせたメイクアイテムを展開していくそう。

   奥は肌に明るさと輝きを加えるコントロールカラー(各¥4,000)。シミ、赤み、黄ぐすみなど、肌の状態に対応できる5色展開。色素沈着の予防、大気中の有害微粒子(pm2.5とか)から肌を守るための植物成分も配合。

   手前左は春らしい4色がセットされたアイシャドウ(¥6,000)。手前右はリップバーム(2色、各¥3,000)。アフリカマンゴーやシアの植物バター成分が唇にうるおいを与えます。透明感のある発色で、はちみつのような甘い香りもほんのり。

as_20180130124724.jpg

   こちらは4色ボールペン、ではなくてアイライナー3色とリップライナー1色がセットされたマルチペン(¥4,200)
容器の開発に苦労したと思いますが(容器は日本製)、持ち歩きに便利だし「えっ、ボールペンじゃないの?」という驚きや意外性が楽しいアイテム。

   スキンケアアイテムは、元日から発売中。保湿ライン「イドラ エッセンシャル」から4アイテムがデビュー。
       ↓

パッケージデザインは氷河のイメージだそう
パッケージデザインは氷河のイメージだそう

   私たちの肌は1日に室内外の移動などで、急激な温度や湿度の変化にさらされていて、それが肌内部の保湿成分の減少につながっている、、、ということに着目。

   マダガスカル産のセイロンベンケイという多肉植物(製品の後ろのガラス容器に入ってます)の保水効果にインスピレーションを受けて研究し、エキスを抽出・配合。

   ほかにも多くの植物エキスをバランスよく組み合わせて、保湿効果の高い4製品が完成。

   オイルと水溶性エッセンスの2層タイプのセラム(¥7,200)、乳液タイプのエマルジョン(¥6,200)、リッチなクリーム(¥6,200)、ウォーターベースでみずみずしいライトクリーム(¥6,200)、好きな使用感で選べるのが良いですね。

   そして、肌の調子がイマイチのときに活躍してくれる、10分間の集中ケアマスク。
       ↓

as_20180130124928.jpg

   左のブルーは、セイロンベンケイ由来のエキスなどを配合し、保湿力の高いクリームマスク(¥5,200) 中央のグリーンは皮脂のべたつきが気になるときに適したクレイマスク(¥5,200)、右のイエローはマンゴーバター配合で油分不足の肌をしなやかにするパームマスク(¥5,200)。

   朝の洗顔後などに、いつもより乾く、べたつく、などと感じたらサッと使えるチューブタイプ。

   気になる部分だけにも使いやすいので、1本あると安心できますね。

   どれもテクスチャーや使用感が違うので、お試しが楽しい発表会でしたよ。店頭で、ぜひ。
[美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ 2018年1月30日より転載]

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事