文字サイズ
標準
大きく

中国産「蜂の子」にオキシテトラサイクリンを検出! 検査命令の実施を公表!

   2月1日、厚生労働省は、中国産蜂の子に抗生物質の「オキシテトラサイクリン」が検出されたことにより、輸入業者2社に対して、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令(輸入届出ごとの全ロットに対する検査の義務づけ)を実施すると公表した。なお、登録検査機関の受託体制が整うまでの間は、輸入者が自主検査を指導し、基準値への適合性を判断することとしている。

   検査命令を受けたのは株式会社山田養蜂場と山宏実業株式会社の2社。登録検査機関の受託体制が整う期間は未定。

【参照】
<オキシテトラサイクリン>
1.抗生物質
2. 許容一日摂取量(人が一生涯毎日摂取し続けても、健康への影響がないとされる一日当たりの摂取量)は、体重 1 kg当たり 0.03 mg/日であり、急性参照用量(人が24時間または、それより短い時間の間の経口摂取により、健康に影響がないとする摂取量)は、体重1kg当たり0.03 mgです。
3. 体重 60 kgの人が、オキシテトラサイクリンが 0.06 ppm残留した蜂の子を毎日30 kg摂取し続けたとしても、許容一日摂取量を超えることはなく、1日に30 kg摂取したとしても、急性参照用量を超えることはなく、健康に及ぼす影響はない。

[斬新な視点から健康・食・運動スポーツに関する情報を発信するWebマガジン「HealthBrain」2018年2月2日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事