文字サイズ
標準
大きく

「もってのほか」のペット注意事項 猫から感染症で国内初の死者

   福岡県の60代女性が、ネコから感染したとみられる菌により呼吸困難となり、その後死亡した。「コリネバクテリウム・ウルセランス」という菌によって引き起こされた。

   厚生労働省の発表を見ると、日本国内でこの菌が原因で死亡したのはこれが初めて。身近な動物が「感染源」となると、少々心配だ。

過度に恐れるのも、接触するのも避けた方がよい
過度に恐れるのも、接触するのも避けた方がよい

初期は風邪のような症状、重症化して呼吸困難

   厚労省が2018年1月10日に更新した「コリネバクテリウム・ウルセランスに関するQ&A」のウェブページに、国内での発生状況が一覧で示されている。01年2月以降19例があるが、死亡したのは先述の女性だけで、16年5月だ。「呼吸困難。救急搬送されて3日目に死亡。偽膜と血液から菌検出」とあり、屋外でネコ3匹にエサを与えていたことが分かっている。

   コリネバクテリウム・ウルセランス菌による感染症は、人間やさまざまな動物で事例が確認されている。国内における人への感染例の多くは、イヌやネコからだ。呼吸器に感染すると、初めは風邪に似た症状を示し、その後はのどの痛みや咳などを伴い、重症化して呼吸困難、さらには死に至るケースもあると厚労省では説明している。治療としては抗菌薬が有効とされる。

   動物が感染した際も、くしゃみや鼻水といった風邪のような症状が現れる。ペットのイヌやネコにこうした様子が見られたら、早めに獣医師の診断を受けるのはもちろんだが、飼い主としても注意を要する。接触の仕方によっては、菌がうつる恐れがあるからだ。手袋やマスクの使用、触った後の手洗いを忘れないようにしたい。

   逆に「かわいそうだから」と、過度に看病するのは禁物だ。感染した動物との濃厚接触は、感染のリスクを高める。

   宮城県のウェブサイトでは、「ペットから感染する病気(動物由来感染症)」の注意事項として、口移しでエサを与えたり、スプーンや食器を共用したりするのは「もってのほか」としている。一緒の布団で寝ることも避けた方が無難だと促している。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事