文字サイズ
標準
大きく

「見た目」は資産になる 山田秀和先生(近畿大学医学部奈良病院皮膚科教授、アンチエイジングセンター 副センター長)

健康を見極めるには目ヂカラがポイント

塩谷 ところで、先生は診察時にも「見た目」を重要視されるそうですが、どのようなところを見ているのですか。

山田 最初に見るのは、目です。「目ヂカラ」は非常に重要だと思っています。健康な人は、脳がしっかりしている。脳がしっかりしているかどうかは、目ヂカラに表れます。

塩谷 白目が濁っているなども関係しますか?

山田 黄疸かどうかをチェックはしますが、白目の様子はあまり関係ありません。あとは、皮膚科医の立場から、肌や髪の毛の質をチェックしています。
 そのほか、診察室にパッと入ってきたときの第一印象もチェックポイントです。ドアの開け方や歩き方、しゃべり方など、立ち居振る舞いも診察時の参考になります。これらは、東洋医学では、望診(ぼうしん)といわれ、昔から行われてきたことです。教科書には載っていないことですが、見た目や立ち居振る舞いも診察時の大切な要素だと思っています。

塩谷 最近の研究によって、見た目と病の関係が科学的に証明されてきたそうですね。

山田 目の動きで脳の病気が分かったり、耳のシワで動脈硬化のリスクが分かったりなど、見た目と健康の関わりが研究によって数値化できるようになってきました。典型的な例がお腹まわりのサイズで分かるメタボリックシンドロームです。ほかには、呼吸数や汗のかき方などで、人の心理状態まで分かるようにもなってきています。

塩谷 ほかに大切だと思っていることはありますか。

塩谷信幸編集長
塩谷信幸編集長

山田 僕は漢方も好きで、「養生」が大切だと思っています。養生とは、暴飲暴食を避け、規則正しい生活を心がけること。いつまでも健康で若々しくあるためには、運動、食事、精神が重要です。どのガイドラインにも示されていることですが、忘れられがちなのも事実です。

塩谷 2015年から食品の機能性表示制度が始まり、どの成分が体にどういいのかを商品に示せるようになったことで、私たちの食や栄養に対する意識も少しずつ変わろうとしています。結局は、美や健康のために、食や運動といったことが重要だという基本に立ち返ってきたということでしょうか。

山田 そうでしょうね。昔から、適度な運動をする、バランスの良い食事をとる、精神を鍛えることは、健康維持のために必須だといわれていましたから。

塩谷 貝原益軒の『養生訓』を改めて読むと、我々が提唱していることなども、多少、表現は違っていますが、江戸時代に益軒が言っていたことは多いですよね。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事