文字サイズ
標準
大きく

「見た目」は資産になる 山田秀和先生(近畿大学医学部奈良病院皮膚科教授、アンチエイジングセンター 副センター長)

新しいツールと医療の連携の可能性

塩谷 先生は機械もお好きだから、最近のウェアラブル端末などもお使いになられていますか?

山田 アップルウォッチを使っています。何かすると褒めてくれるのがいいですね。アップルウォッチは、1時間座っていたら、「1時間座っていました。立ちましょう」と言ってくれる。それで立って少し動き回ったら、「よく頑張りましたね」と。それを1日12回ぐらいすると、「今日は達成しましたね」と褒めてくれるんです。続けるうえで声かけされることは大切なことだと思います。米国で行われたダイエットの比較研究でも、声かけをされたほうが、成績が良くなるという報告がありました。

塩谷 ウェアラブル端末とアンチエイジングとのつながりはあると思われますか。

山田 あると思います。たとえば、紫外線を正確に測定する装置が出てくれば、注意も向けられるし、どれだけブロックすればいいかも正確に分かります。すごく役立つと思います。

塩谷 なるほど。ほかにはどういうチェックポイントがありますか。

山田 血糖値も測れます。基本的には光を出して、皮膚から返ってくる反射を見るというのが一般的で、理論上は皮膚表面で計測ができるものなら何でも測れるはずです。

塩谷 そうすると、肌診断も簡単にできるようになるかもしれませんね。

山田 はい。それだけでなく、貧血や黄疸もチェックできます。糖化、酸化なども、分子を特定すれば測るのは比較的簡単ですから、アンチエイジング医学に役立つツールもそのうち出てくるのではないでしょうか。

塩谷 そういうツールが開発されたら、わざわざクリニックに行かなくてもよくなるかもしれませんね(笑)。

山田 ウェアラブル端末がもっと進化すれば、たとえば、マラソン中に心筋梗塞が起こる予兆をチェックしたり、どの人にそういう危険があるのかが位置情報で特定できたりしますよね。そうしたらそこへスタッフが急行する。そんなことも可能になるのかもしれません。

塩谷 あと、人の声を拾うこともできそうですね。あまり喋っていなかったら「もっとコミュニケーションをとろう」とウェアラブルにアドバイスされたりして。もっといくと、これは外交辞令か本音なのかまで分かってしまうかも(笑)。

山田 ウソ発見器のようなことはすでに行われているそうです。表情筋や瞳孔の動きで判断するそうです。日本人は目が黒いからあまり瞳孔の動きが分からないですが、目の色が薄い人は、瞳孔の動きがよく分かります。海外では、カラーコンタクトは、瞳孔の動きを隠すためにも用いられることがあります。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事