文字サイズ
標準
大きく

「見た目」は資産になる 山田秀和先生(近畿大学医学部奈良病院皮膚科教授、アンチエイジングセンター 副センター長)

意識を継続させることが重要

塩谷 「見た目のアンチエイジング」には美しさや健康に注意を向けることの大切さがありますが、意識を継続させることも大切ですよね。

山田 自分自身に気遣っていると、見た目や健康だけでなく、仕事もきっとうまくいくのではないでしょうか。昔からよく言われる健康の秘訣「早寝早起き、朝ごはん」。それはすごく基本的なことですが、重要なのだと思います。

塩谷 自分の見た目を気遣う、意識するということが若さを維持するだけではなくて、生活にも仕事にも影響してくると考えると、やはりライフスタイルの中で常に実践していくことが大切と言えますね。

山田 そうですね。いつまでも若々しく健康でいるためには、「日々の健康管理は自分でする。それでも病気になってしまったらお医者さんへ」という考えのもと、セルフメディケーションを意識してほしいと思います。

塩谷 「見た目のアンチエイジング」は今後どうなっていくと思われますか。

山田 以前、ヨーロッパの医学系の出版社から、肌のエイジングに関する書籍を制作するので、寄稿してほしいという依頼がきました。そこで、「Appearance(見た目)について書かせてほしい」と言ってみたところ、通ったんです。少し前だったら、医学系の本に「見た目」というテーマで書くということは認められませんでした。確実に時代が変わってきていると思います。これからは、もっとサイエンスに基づく「見た目」の研究が深まっていくのではないでしょうか。

塩谷 本日は、ありがとうございました。

プロフィール
山田秀和(やまだ・ひでかず)

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事