文字サイズ
標準
大きく

「眼瞼下垂」読める人は知っている? 保険でも治せるまぶたの「たるみ」

   最近、まぶたがたるんで以前より目が小さくなったように見える、ものが見えにくく、知らず知らず眉を上げたりあごを上げたりして見るクセがついた、眉の位置が上がり額のシワが増えた...ということはありませんか?

まぶたを刺激していると眼瞼下垂になるかも...?
まぶたを刺激していると眼瞼下垂になるかも...?(画像はイメージ)

ものが見えにくい場合は保険適用

   その原因は、加齢による「眼瞼下垂」(がんけんかすい)かもしれません。眼瞼下垂とは、上まぶたが正常の位置より下がっている症状を指し、大きく先天性と後天性とに分かれます。後者では「腱膜性眼瞼下垂」が最も多く、加齢などの要因によって、まぶたを持ち上げる筋肉と、まぶたのふちにある「瞼板(けんばん)」という組織とをつなぐ「腱膜」が薄く伸びてしまったり、瞼板から外れてしまったりすることによって生じます。また、まぶたの皮膚のたるみが原因で起きるケースもあります。

   眼瞼下垂は、黒目がまぶたで隠れる、眉が上がってまぶたが広がり老けて見えるといった見た目の問題だけでなく、視野が狭くなってものが見えにくくなり、眉やあごを上げて見るため頭部や首の筋肉が疲れて頭痛や肩こりの原因となることも。「見え方に問題はないが、二重にして目を大きく見せたい」といった美容目的の治療とは異なり、「まぶたが開きにくく、ものが見えにくい」という症状は「目の機能障害」にあたるため、治療には健康保険が適用できます。

   眼瞼下垂の治療は目の機能を回復するだけでなく、左右の目のバランスや、自然な見た目も重要になるため、形成外科でも治療されています。症状の進行状態によっても異なりますが、手術では、腱膜を元の位置につないで固定する方法や、たるんだ皮膚や腱膜を切り取って縫合する方法などが行われています。治療法については、医師とよく話し合いましょう。

眼瞼下垂を予防するには

   腱膜性眼瞼下垂は、若い人にも見られます。長期にわたってハードコンタクトレンズを使用していたり、花粉症やアトピーなどによるかゆみでまぶたを強くこすったりして、まぶたに刺激を与えることが原因と考えられています。腱膜が伸びたり、瞼板とはずれやすくなったりするためです。

   予防や症状の進行を防ぐには、日常生活でまぶたに刺激を加えないことが大切です。アイメイクは優しくなでるように落とす、つけまつ毛やビューラーを使う時はまぶたを引っ張らないようにする、アレルギー症状があるときは眼科や皮膚科など専門医を受診して、症状を抑える薬を処方してもらうなど、目をこすらないように心がけましょう。ハードコンタクトレンズを使用している人は、メガネやソフトコンタクトレンズに変えるのも一つの方法です。

   眼瞼下垂は、症状が緩やかに進行します。以前よりまぶたが下がってきたように感じる、物を見るときに眉やあごを上げる、見たいものを下に持っていくクセがついた...などは眼瞼下垂のサイン。見えづらさや、頭痛や肩こりがひどいなど日常生活に支障がある場合はもちろん、気になることがあれば、遠慮せずに医師に相談しましょう。[監修:大慈弥 裕之 福岡大学形成外科学主任教授・形成外科診療部長]

医師・専門家が監修「Aging Style」

この記事の監修・執筆医師

大慈弥 裕之
大慈弥 裕之(おおじみ ひろゆき)

福岡大学形成外科学主任教授・形成外科診療部長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事