文字サイズ
標準
大きく

【体験談】まぶたのたるみによる「見えづらさ」を解消し、年齢感も改善 「眼瞼下垂」手術―――海野由利子さん

   コラム「エイジングスタイル基本のき」で取り上げた眼瞼下垂。まぶたがたるみ、目を開けにくくなることで視野が狭くなり、物が見えづらくなる症状が特徴だ。美容目的の「たるみ改善」ではなく「見る機能を回復する」ために行う治療なので、保険が適用できる。今回は、実際に眼瞼下垂の手術を受けた美容・医療ジャーナリストの海野由利子さんに体験談を聞いた。

海野由利子さん
海野由利子さん

たるむ以前の目もとに戻す

――手術で眼瞼下垂を治療しようと思ったのはなぜですか?
 仕事柄、眼瞼下垂の症状は手術で改善できると医師たちから聞いていたので、いつかは...と思っていました。40代から形成外科学会や医療セミナーなどで治療法や症例の情報を得たり、科の違いによる医師のこだわりを聞いてなるほどと思ったり。私自身は、眉を持ち上げるボトックス注射で目を開けやすくしたり、上まぶたへのレーザー照射でまぶたの皮膚のゆるみを引き締めたりするなど、目もとのたるみ改善の美容医療の治療も複数、体験しました。
 どれも効果があったので、手術をするまでの期間を延ばせたのではないかと思っています。眼瞼下垂の治療を行っている医師に会う機会があるたび、手術をするほうが良い状態かどうかを尋ね、「そろそろいいのでは」と言われたのが50代半ばでした。その頃の写真を見ると、あごを上げてものを見る癖がありましたし、肩こりもひどかったです。これも眼瞼下垂の症状ですよね。

手術前後の写真
手術前後の写真

――医師やクリニックを決めたポイントは?
 "見る機能の回復"が目的の治療なので、保険適用の手術なら、"まぶたが開けばよし"と考える医師がいるのも事実です。でも、目の開き方に左右差ができたり、二重の幅が不自然になったりするような"マイナスの結果"は避けたかったのです。眼瞼下垂の治療経験が豊富な医師、どんな手術でもできるだけ傷跡を残さず、自然な仕上がりを重視する形成外科医、通院しやすい都内のクリニック、ということをポイントに自由が丘クリニックにお願いしました。

――女性誌の企画で体験リポートをされたとか。勇気がいることですよね。
 いえ。エイジングによる変化の改善法は、以前から体験してレポートしてますから。気になる方、悩んでいる方に、眼瞼下垂は治療が可能なことを知ってもらいたくて、手術の経過も含めて女性誌(婦人画報)で特集記事にしていただきました。年齢による変化だから仕方がない、と物の見えづらさや頭痛、肩こりを我慢して過ごすのは辛いです。高齢になるまでの長い期間、日常生活のQOLにも関わります。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事