文字サイズ
標準
大きく

紫外線対策と最新治療 市橋正光先生(神戸大学名誉教授 アーツ銀座クリニック院長)

   紫外線による光老化も含め、肌にまつわるトラブルとその対処法を長年研究してきたアーツ銀座クリニック院長の市橋正光先生に、基本の紫外線対策や、今、知っておきたいスキンケアと最新研究について塩谷先生が話を聞きました。

編集長 塩谷信幸(左)と市橋正光先生(右)
編集長 塩谷信幸(左)と市橋正光先生(右)

塩谷 シミやシワなど光老化の主な原因は紫外線ですが、完全に防いだ方がいいのでしょうか。それとも、体内でビタミンDを合成するために、ある程度は浴びたほうがいいのでしょうか。

市橋 完全に防ぐのは難しいですし、健康な方がごく少量浴びる程度なら問題ないと思っています。
 何に対しても少量のストレスは体に良いとされていて、紫外線にも同じことが言えます。ビタミンDの合成だけでなく、皮膚にもともと備わっている自然免疫機能が正常に働くためにも、少しは紫外線を浴びた方がいいのです。

冬でも紫外線対策を

市橋正光教授
市橋正光教授

塩谷 具体的にはどのくらいですか。

市橋 紫外線防止策をしていないなら冬は5分以内、夏は3分以内。わずかな時間ですが、ビタミンDの合成には十分です。手のひらや腕を日に当てるだけでもいいんですよ。
 日焼け止めは季節に応じて使い分けるのがおすすめです。乾燥する秋から冬の時期は、セラミド入りのような保湿効果のある日焼け止めがいいですね。
 地表に届く紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、それぞれ肌に悪影響を及ぼします。冬は、UV-Bの量が夏の5分の1程度になるので、SPF20で十分だと思います。一方、UV-Aは夏の半分程度。窓ガラスを通して入ってくるので、室内にいても油断はできません。ですから、PA+++(スリープラス)〜PA++++(フォープラス)のものを使ったほうがいいでしょう。

塩谷 光老化の対策には食事など、体の内側から行うケアも必要ですね。最近は、腸内細菌の研究が進んでいますが、肌との関係はどのくらいわかったのでしょうか。

市橋 腸と皮膚も何かしら関係があると考えられてはいますが、はっきりとしたことはまだわかっていません。
 最近以前、明治さんと共同で行った研究で、ミルクセラミドやコラーゲンが入っているヨーグルトを飲むと、紫外線によって損傷した皮膚のDNAの修復機能が高まったという結果が出ました。作用機序はまだ十分には解明されていないのですが、さらなる研究の余地があり、個人的には、腸内細菌も何かしら関係しているのではないかと考えています。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事