文字サイズ
標準
大きく

トラブルは怖い、でも小顔になりたい!

「小顔になりたい」と言っても人それぞれ
「小顔になりたい」と言っても人それぞれ

   「小顔美人」と表現されるように、女性にとって顔が小さいことは美人の条件の一つとされています。今回は、「小顔になりたい!」という20代女性からの相談です。

   

Q. 小顔になりたくて、マッサージや小顔矯正などいろいろ試しましたが、満足のいく効果は得られません。最近、フリーペーパーの広告で目にした「メスを使わない」という小顔の施術に惹かれています。骨を削ったり、脂肪を吸引したりする手術と比べてトラブルは少ないかな?と思いますが、万が一失敗して取り返しのつかないことになったら...と考えると迷います。でも、どうしても小顔になりたい! 山下先生、トラブルに遭わないためには、どんなことに気を付けたらよいですか?(20代女性)

誰でも小顔になれる治療法はない

A. 私が勤務している美容外科にも「小顔になりたい」と希望される患者様が多くいらっしゃいます。客観的に見て、特別「顔が大きい」という印象を受けなくても、コンプレックスに感じている方は少なくありません。

   「小顔になりたい」と言っても人それぞれで、「しもぶくれ」や二重あごに悩む方もいれば、加齢によるフェイスラインのたるみ、エラやあご、ほほの骨が張っているなど、原因によって治療方法も多岐にわたります。

   脂肪を溶かす薬剤や、エラの筋肉を委縮させるボトックスを注射したり、マシンを使ってたるみを引き締めたりといった「切らない治療」から、脂肪吸引、エラやあご、ほほの骨を削る手術まで、さまざまな選択肢が考えられます。ご質問者様が広告で見つけたという「メスを使わない」施術の詳細は分かりませんが、誰もが理想の小顔になれる、共通の治療法というものはないのです。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事