文字サイズ
標準
大きく

トラブルは怖い、でも小顔になりたい!

信頼できる医師選びが重要

   小顔にするということは、顔の骨格や筋肉にも関わることですから、施術する医師には解剖学の知識と技術が求められます。患者様の悩みを理解し、原因を探り、数ある手段の中からベストな治療方法を提案できる経験も必要です。信頼できる医師選びは、リスクを減らす重要なポイントになります。

   また、質問者様のように「失敗したらどうしよう」と迷う気持ちはとても大切です。ここに相談を寄せられたくらいですから、冷静な判断力をお持ちの方と推察します。広告に書かれたことをうのみにせず、自分で調べたり、専門家の意見を聞いたりして、まずは情報を集めてから受診しましょう。初診でいきなり施術を勧めたりせず、リスクについて納得のいくまでていねいに説明をしてくれるかどうかは、「信頼できる医師かどうか」の判断基準の一つになります。

   また、消費者庁では、「美容医療を受けるにあたっての確認ポイント」を公開しています。「施術の効果や副作用を理解したか」「ほかの施術方法があるか確認をしたか」など、チェック事項が簡潔にまとめられていますので、トラブルを避けるために、参考にしてみてください。

[執筆:山下理絵 湘南藤沢形成外科クリニック R 総院長]

医師・専門家が監修「Aging Style」

医師・専門家が監修「Aging Style」

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事