文字サイズ
標準
大きく

小児科と同じく老年科が必要! 大内尉義先生(東京大学名誉教授・虎の門病院院長)

   超高齢社会を目前に控えた今、高齢者の医療や社会的問題などにアプローチする老年学に注目が集まっている。今回は、老年医学のエキスパートで、日本初となる高齢者に特化した診療部を開設した虎の門病院院長の大内尉義先生に、老年学とは何か、高齢者に特化した医療の在り方についてお話を伺いました。

as_20180418182538.png

塩谷 老年医学は、日本よりも先にドイツやアメリカなどで研究され始めた学問ですが、知らない方も多いと思います。日本ではいつごろから研究されはじめたのか教えていただけますか。

大内 1950(昭和25)年ごろ、東京大学が医学部に老年医学の教室(老年病科)を作ろうとしたのが始まりです。当時、まだ日本の高齢化があまり深刻に考えられていなかった中で、文部省にもその意義がなかなか理解されず、申請が通るのに時間がかかったそうです。
 その後、高齢化が社会問題となるにつれ、老年医学が注目されるようになりましたが、現在、老年病科を設置している大学医学部は約3割に過ぎません。これからはもっと、老年病科を増やして高齢者医療に注力していく必要があると思っています。それから高齢者の問題は医療だけでは解決できませんので、最初から学際的な学問の必要性が認識されていました。これが、老年学(ジェロントロジー)です。あとで、またお話が出てくると思います。

塩谷 老年病科の中で扱う疾患には、臓器別に各診療科専門の医師たちがいますよね。それをひとつの科として考えることに抵抗はなかったのでしょうか?

大内 日本の老年医学は基本的に内科から派生しています。東大老年病科(発足当時は老人科)も循環器、呼吸器などの専門家が集まって作られました。ただ、高齢化が進むにつれて、普通の内科でも高齢の患者さんは増えています。それで実際に高齢者をたくさん診ている内科の先生方からは、高齢者特有の診療科はなんのためにあるのかという疑問は、実は今でもあるんです。

塩谷 それでも、老年病科というのは必要なのですよね。

大内 高齢者に特有の認知症や骨粗しょう症、動脈硬化、肺炎などの疾患は、それだけに焦点を絞って研究しても解決できない問題が多いと思っています。
 疾患をタテ軸に考えた場合、ヨコ軸には高齢者の身体の機能評価やフレイル(虚弱)、薬物療法、終末医療、緩和ケアなども考えていかなくてはなりません。実際の医療では、高齢者は様々な臓器の疾患を持っているため、縦割りの治療は効率が悪いばかりか、本人のためにもなりません。ですから今、必要とされているのは、臓器別に診ている専門科の一段上に立ち、一人の患者さんを総合的に身体の機能評価をして、治療に責任を持てる老年科医という存在です。

幅広い分野の協力で成り立つ老年学

as_20180418183745.png

塩谷 小児科があるのと同じように、老年科が必要だということですね。そういえば、虎の門病院でも昨年、「高齢者総合診療部」を立ち上げられたとか。

大内 はい。これまで医学や医療は、ある疾患の原因を究明し、その原因を治療するという流れで来ており、一人の患者を「個」として診ることに目を向けていなかったと思います。高齢化があまり進んでいなかった時代にはそれでも良かったのかもしれませんが、現在、65歳以上の高齢者は3000万人。近い将来は75歳以上の後期高齢者だけで2200万人にもなります。臓器別に考えてきた医学、医療ではマネジメントできなくなる。そこで、高齢者に焦点を合わせた多角的な考え方が必要です。これが老年学の基本的な概念です。

塩谷 なるほど。日本老年学会がいくつかの学会で構成されている理由はそこにあるのですね。

大内 そうです。日本老年学会は、1959(昭和34)年に発足した当初は、医学会と社会科学会の2つの分科会から構成されていましたが、現在は、基礎老化学、老年精神医学、老年歯科医学、ケアマネージメント学、老年看護学の5学会が加わり、計7学会で構成されています。

塩谷 ヨコ軸を医学の領域だけでなく、もっと幅広く考える必要があるのではないかとも思いますが、いかがですか。

大内 おっしゃる通りです。たとえば、高齢者にとって住みやすい町、家とは何かを考えるときに、高齢者の移動手段の問題など医学の知識だけでなく、さまざまな分野の知見が必要になりますから。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事