文字サイズ
標準
大きく

美容医療 知っていますか? 機器の進歩と未来 宮田成章先生(みやた形成外科・皮ふクリニック院長)

   いま、美容医療界では、レーザー、赤外線、高周波、超音波などの特性を利用したメスを使わない治療法が主流となり、複数台の機器を導入する医師やクリニックも多くあります。治療の幅も脱毛、シミ、シワ、たるみや脂肪溶解などへと広がっています。今回は、形成外科・美容外科専門で、美容医療機器に詳しい宮田成章医師に話を聞きました。

宮田医師のクリニックには、レーザーのほか、高周波、超音波を使った機器など、計40台以上が導入されている。
宮田医師のクリニックには、レーザーのほか、高周波、超音波を使った機器など、計40台以上が導入されている。

塩谷 今、美容医療ではさまざまな照射機器が使われています。最初に医療用として登場したのは、1960年代のレーザーでした。先生はいつごろからレーザーを使って治療をしていましたか。

宮田 20数年ほど前になります。防衛医大の形成外科にいたころから、レーザー治療の経験をさせてもらっています。

塩谷 そのときのターゲットは?

宮田 血管腫に限られていました。ただ、その当時は、機器が巨大で扱いにくく、レーザーの種類も少なかったので、あまり興味がなかったですね。オペ(手術)の方が好きでした。

塩谷 では、なにがきっかけで興味を持ったのですか?

宮田 室蘭総合病院に形成外科が新設されて間もないころ、レーザー機器の導入などに携わり、これは面白そうだと。

塩谷 機械に興味があったから? それとも治療としての興味があったのでしょうか。

宮田 両方です。そもそも、僕が形成外科を選んだ理由は、マイクロサージャリーがやりたかったからなのですが、それは、手術というよりも新しい医療機器や技術に取り組みたいと思っていたからでした。
室蘭にいたころ、ダイレーザーは血管腫だけでなくイボの手術にも役立つという論文を読みました。それがきっかけで、自分でも新しい治療プロトコールを模索し、ひとつの論文にまとめたんです。そこから、もっといろいろな治療に使えるかもしれないとレーザー機器の面白さに目覚めました。

美容医療の発展とレーザー

as_20180423001409.png

塩谷 そのころ、今のように美容医療でレーザーがこんなにももてはやされると思っていましたか?

宮田 そう思っていました。僕はレーザー治療が主流になる時代がかならず来ると思って、東京に出てきたとき、メスをメインにしなくても仕事ができると確信していました。

塩谷 なぜそう思われたのですか?

宮田 東京に来た2000年は、レーザー脱毛機器が多く出始めたころです。その当時は、レーザー機器でできるのは、脱毛か、ほくろやシミとりくらいでしたが、脱毛ができるのなら、これからは他のこともできるようになるはず、と思っていました。

塩谷 レーザー脱毛機器が登場したころには、他の皮膚にも毛細血管レベルで長期的な影響、例えば皮膚の萎縮等があるのではと言われていて、医学会でも議論が繰り返されていましたが、今、実際にはどうなんですか。

宮田 登場して20年。とくにトラブルは聞いていません。むしろ、萎縮というよりは、熱で肌の細胞を壊して作り直すという面で、シミ、シワ治療に効果があるとして注目されています。メカニズムはまだわかっていませんが、レーザー脱毛器は、設定を変えてシミ取り用レーザーとしても使われています。

塩谷 レーザー機器の特長は?

宮田 皮膚の質を変えられることです。外科的な治療は皮膚のたるみをとることはできますが、リジュビネイト(回復・活性化)させることはできません。

塩谷 逆に、レーザー機器ではカバーできない点は。

宮田 皮膚の深部、骨や脂肪は治療できません。注入剤や脂肪吸引でコントロールしていかなくてはなりません。 患者さんの負担が少ないやり方で、レーザーだけでなく、いろいろな治療法を組み合わせて治療をします。たとえば、たるみの治療で他院ではいろいろな機器を試しても効果がでなかったという患者さんが来院したときは、骨の萎縮が原因でレーザーなどの機器治療は向かないと判断し、最初に真皮の構造を改善するために注入治療を勧めました。

塩谷 その場合、注入する剤はハイドロキシアパタイト(商品名:レディエッセ)ですか?

宮田 吸収性のレディエッセを使うこともあるし、ヒアルロン酸を使うこともあります。

塩谷 最近は、顔面骨の骨粗鬆症も見た目に影響することがわかって、予防しなくてはいけないということが言われていますね。

宮田 見た目を改善する治療と、これ以上骨の量を減らさない予防的な治療との2通りを患者さんに提案しています。見た目の改善には注入治療、予防的な治療には高周波の機器を使います。肌の深部を加熱し、骨膜につながる毛細血管などの組織を刺激して血流を維持したり、リンパの流れを改善して予防につなげるのです。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事